佐直 朋憲 さん

新札幌校
北嶺高等学校→北海道大学 医学部医学科

私は中学生のときから東進中学NETに所属し、先取り学習を進め、中3のときから東進に所属しました。その頃はあまり成績がよくありませんでしたが、自習室で勉強し続けることで成績が上がっていきました。また、勉強をする上で特に大切にしたことは、授業の復習と演習をすることです。授業は学校でも東進でも受けており、復習が追いつかなくなりそうになる時期もありましたが、その場合は受験対策の東進の受講を一旦止め、学校の授業を完璧に、また、その単元の内容を問題集で反復しました。自分のペースで受講できることが東進のメリットだと思います。また、私は特に大学入学共通テスト対策講座や国公立二次私大対策講座を活用しました。大学入学共通テスト対策講座では間違った箇所や得点などが一目で分かり演習しやすかったです。国公立二次私大対策講座では何周も繰り返してやることで本番での得点力UPにつながったと思います。受験勉強で辛いことも多いと思いますが、頑張ってください!応援しています!




西村 峻 さん

札幌月寒校
北嶺高等学校→北海道大学 医学部医学科

自宅で机に向かうことがあまり得意ではなかった私は、学習環境の整っている東進に入塾し本格的な受験勉強を開始しました。毎日学校帰りに東進に行き、いつもの席で勉強することで最大限集中することができました。自宅に帰ってから机に向かうまでは何かと誘惑も多く時間がかかることもありますが、東進に行くことによってそれが省略されるので安定して学習に取り組むことができます。また、毎週実施される担任や担任助手の先生との面談もモチベーションを保つためにたいへん役に立ちました。東進の共通テスト本番レベル模試は難易度が少し高めで、一気に難化した今年の共通テストの良い練習になりました。特に平均点が大きく下がった数学も、模試を通じて十分な演習を積むことができていたので、本番で焦ることもなく自分の力を出し切ることができたと思っています。辛い受験生活も東進の親身なサポートのおかげで乗り切ることができました。皆さんも恵まれた東進の環境を最大限活用して第一志望合格を勝ち取ってください!




倉岡 豪 さん

札幌西28丁目校
札幌第一高等学校→北海道大学 理学部

まず、英単語についてはとても役に立ちました。おそらく自分一人では英単語など一切やらなかっただろう。東進の素晴らしいツールのおかげです。映像授業についてあげると、高2の冬にやった化学の理論分野が特にためになり、学校の化学の定期テストで学年1位をとることができました。英語の授業においてもとても長い文章を読む忍耐力を身に着けることができました。他にも、高1・2年次に数学の予習を東進の授業でやったことで、学校の数学の授業の理解が容易になり、問題演習に時間を割くことが出来たことが、受験においては大きくリードできたのではないかと思います。また、しっかりした人ならば自宅でも十分に勉強できるのだろうが、私は家だとつい遊んでしまうので、自習室としても東進を利用しました。勉強する環境としても、東進はとても素晴らしかったです。また担当の先生には自己推薦の文章を作るのも手伝っていただき、学習以外のサポートも受けられました。自分だけでは何を書けばアピールになるのかわからず、言葉遣いもあやふやであったが、担当の先生に相談したおかげで自己推薦の文章を作ることが出来ました。加えて、同じ校舎に通っている仲間たちは私には良い刺激になりました。彼らのおかげで私のモチベーションを保つことができたのです。




古海 達哉 さん

札幌西28丁目校
札幌西高等学校→北海道大学 総合入試理系

僕は、高校1年の4月から東進に通っていました。毎日校舎に行って、映像授業を進めたり、学校の課題に手を付けたりしていました。映像授業で予習をしっかりとできた状態だったので、学校の授業で困ることはなく、模試や定期テストでも上位をキープできていました。ところが、コロナウイルスの影響で東進が一時休校に。自宅ではなかなか勉強に精が出ず、成績が一気に落ちてしまいました。一度落とした成績を取り戻すのはとても難しく、毎日継続して勉強することの大切さを身をもって学びました。休校が明けてからは再び毎日東進に通う生活でした。2年生から3年生にかけての時期は、模試の成績が思ったように伸びず落ち込むことも多々ありましたが、それでも諦めず日々勉強したことが受験期の精神の安定化と合格につながったと思います。高校生のみなさんも、わからない問題に日々突き当たることが多々あると思います。それでも、毎日「一歩ずつ」、着実に勉強していけば、必ず報われます!志望校に受かっている自分を想像して、頑張ってください!




萱場 友菜 さん

札幌月寒校
札幌第一高等学校→北海道大学 医学部保健学科

私は1年生の時から東進に通い、早めに1日の勉強スタイルを確立することができました。コロナ禍において映像授業というのは大きなメリットでした。校舎受講では対面授業形式ではないので、教室内の会話感染のリスクが低く、安心して勉強することができました。また、コロナの感染者数が多くて不安なときも自宅受講という手段で学習ができました。東進の学習内容でとても良かったところは、大学入学共通テスト対策と高速マスター基礎力養成講座です。大学入学共通テスト対策では、10回分もの問題を好きな時に印刷してやることができました。科目を絞って連続して演習を行い、傾向を掴むこともできます。また、何度でも問題を印刷できるので、書き込みがないものを何回も解いて復習できました。解説授業もとても分かりやすく、しっかりと復習することができました。過去問だけでなくオリジナルの予想問題も多いので初めて取り組む問題も多く、結果的に様々な問題を解くことができました。また、高速マスター基礎力養成講座はものすごく役に立つもので、私は単語帳で覚えていくよりも頭に入りやすく、そのお陰で英語力が向上しました。大学受験を通して学んだことは、早めの勉強スタイルの確立と継続力の大切さです。大学でも社会に出てからも大切だと思うので、これからも心がけて頑張っていきたいと思います。




梅本 明江 さん

札幌西28丁目校
札幌西高等学校→北海道大学 医学部保健学科

私は2年生の夏に東進に通い始めました。東進に通うまでは、部活が終わって疲れた状態で帰宅、勉強机でそのまま寝てしまい、夜の3時頃に飛び起きてまた勉強…という不規則な生活をしていました。ふと振り返ったときに、明らかに部活と勉強のバランスが取れていないことに気づきました。東進へ通うことで、勉強を習慣化して生活リズムを考え直すことができました。部活をやっていると勉強時間が限られます。私は少ない勉強時間でも学力を伸ばすために、数学や化学の映像授業を受ける際は、根本から理解するようにしていました。また、入学後からずっと自分を支えてくれたのが東進の担任助手の先生の存在でした。私はずっと医師を目指していたので、担当の先生も医学部だったことがとても心強く思っていました。勉強面でも精神面でもいつも助けてもらっていました。第1志望校の総合型選抜入試に失敗して、気持ちが落ち込んでしまったときもたくさん声をかけてくれました。そのおかげで何とかモチベーションを保ち続けて、今回の合格を決めることができました。声をかけてくれた先生・勉強を教えてくれた仲間、本当に沢山の人に支えられての合格だった思います。周りの人の成績と比較して劣等感を感じたり、なかなか上がらない成績に申し訳なく思ったりしましたが、最後まで諦めないで良かったです。




青山 未玖 さん

札幌駅北口校
札幌北高等学校→北海道大学 医学部保健学科

私は東進の、自分のタイミングで自分のレベルに合った講座を受講できるところに惹かれて入学しました。私の得意科目は英語で、苦手科目は化学・物理だったので、英語は応用レベルで受講をして、理科は基礎から学ぶ講座を受講しました。受講を進めていくうちに以前は難しいと思っていた化学や物理が案外大したことはないかも?と思うことができました。反対にできると思っていた英語が実はまだまだだったことに気づくことができ、自分では見えていなかった可能性や実力が見えるようになりました。またそれは受講だけでなく、東進の模試などでも感じることができました。今までは分からないところが多くて時間が余っていましたが、時間が足りなくなることが増え、自分の成長を実感することができました。また週に1回担当の先生や担任助手の先生と面談で受講の計画を立てるのを手伝ってもらったり、東進でできた友達と相談したりすることで孤独感が和らぎ、ストレスを溜めすぎることなく、勉強ができました。大学入学試験が近づくと、演習重視になり、ひたすら過去間演習講座と向き合っていました。忘れかけていた知識を見つけるのにとても役立ちましたし、目標点を越えた科目を増やしていくのをゲーム感覚で楽しめました。試験直前は新しい知識は入れずに自分が今までインプットしたもののみを復習し、当目はそれらを使ってどんな結果になっても自分が後悔しないように全力を出し切って答案を作ることを第一に臨みました。この一年は本当に貴重な経験だったと思います。これを糧に春からは大学生として頑張っていきます。




牧野 未歩 さん

札幌北24条校
札幌北高等学校→北海道大学 医学部保健学科

私は高2の春に東進に入学したのですが、当時は学校の宿題や部活動に追われて、東進の授業を上手く進められずにいました。数学の単元によっては先取り学習にならず、復習のように使ってしまうこともありました。2年生の秋になるとある程度余裕が生まれ、東進の授業で先取りし、高校の授業を受け、その後問題集などで基礎を固めるという流れが定着し、一気に勉強が楽になったと思います。3年生になってからは、大学入学共通テスト対策講座や国公立二次私大対策講座がメインになっていきましたが、演習を重ねるうちに得点が向上していき、モチベーションアップにもつながりました。点数が上がっていくと、やはり勉強が楽しかったです。私は家庭では勉強がはかどらないタイプなので東進に毎日通って勉強しました。「今日は勉強したくないなぁ」と思う日も確かにありました。でも、東進に着いてしまえば勉強するしかない。こうやって勉強時間を捻出できたことが合格に繋がったのだと思います。




松浦 蒼依 さん

札幌駅北口校
札幌南高等学校→北海道大学 文学部

私は高校1年生の時から東進に通っていました。最初は上手に勉強習慣をつくることができませんでしたが、高速マスター基礎力養成講座の共通テスト対応英単語1800だけはコツコツと進めていました。高1の6月までには英単語を終わらせ、自信を持って英語が得意教科だと言えるほどまでに英語力が伸びました。早めに英単語を一通り覚えた恩恵は大きく、高3の受験期には英語の勉強をせずにその時間を他の教科の勉強にまわすことができました。入試本番でも英語の高得点に支えられて第1志望の大学に合格できました。英単語は早めに覚えて早めに定着させることが大切だと思います。私の高校では、国数英は高3になる前に完成させ、理社は高3になってからでいいと言われていました。私自身、受験勉強をしてみて、理社は直前でも伸びるが、国数英はどうにもならないことを実感しました。後輩の皆さんには国数英3教科を優先して勉強することをおすすめします。




苫米地 優希 さん

東札幌校
札幌東高等学校→北海道大学 法学部

僕は高3の春から東進に通い始めました。周りの同級生は高1、高2の頃から塾や予備校に通っている人が多く、正直、今からでも間に合うのかなと心配でした。勉強も得意なわけでもなく、どちらかというと下から数えた方が早いくらいの順位でした。しかし、東進の担任の先生や、担任助手の先生と毎週面談をして計画的に勉強し、東進の映像授業を受けていくと、ぐんぐん成績が伸びていき、東進に入塾したころの自分とは比べ物にならない程に成長しました。しかし、おそらくここまで読んでいる人の多くは、「いや、それは個人差がある」とか、「私には無理だ」と思っている人もいるかもしれません。けれども、これだけは言わせてください。絶対に間に合います!学校が終わって東進に直行し、映像授業を受け、家に帰って予習、復習をする。この勉強ルーティーンを毎日欠かさず続けていれば必ず間に合います。高2の冬まで底辺争いをしていた僕でも間に合うのです。そして、これは高3生だけに限った話ではありません。高1、高2の皆さん。絶対に数学と英語は1日30分でも良いから触れてください。今ゲームをしている時間を30分数学か英語に充てるだけで良いのです。友達と遊ぶことやゲームをすることは確かにその時は楽しいです。けれど、周りの人たちはその時間勉強しています。一秒一秒を無駄にしないでください。これが大学合格への最短経路です。




朝日 健太 さん

札幌北24条校
札幌北高等学校→北海道大学 法学部

僕は当初、北海道大学よりも上位の難関大学を志望していました。それは高校1年の冬に決めた目標で、受験勉強もそれに向けてのものでした。結果的にはランクを下げての受験となりましたが、十分に立派な大学に合格できたと思います。高校生活、塾、その他全ての学習活動について、合格するために言えるのは「見極める」ということです。何を見極めるのか、二つあります。1つ目は「教材」を見極めることです。これが受験勉強では最も大切だと思います。学校や塾、はたまた自分自身に課題を出し取り組む場面も多いでしょう。そのとき、「出されたからやる」と受け身の姿勢ではなく、「何が自分を成長させてくれるのか」「それは本当に力になるのか」を考え、自分で選んだ教材を使ってやるんだという姿勢で取り組むことが重要だと思います。そのためには、常に自分が模試や定期考査で失点している理由、つまり苦手を把握する必要があります。「できない理由を潰す勉強法」をいかに意識的に行えるかが成績向上の鍵だと思います。もう一つはありきたりですが、「問題の核心」を見極めることです。「作問者は何を問いたいのか」を考えて勉強する、例えば分からなくても解答を見て問題の文言と解答のこの部分が対応しているな、と理解することで正解に近づきます。訓練を継続すれば、問われていることは予想できたが、それを導く過程は複雑なので思い切って飛ばすという判断もできます。僕はこの点をブレることなく実行してきたつもりです。




大塚 桃菜 さん

札幌北24条校
札幌北高等学校→北海道大学 法学部

私は高1の4月に東進に入学しました。様々な塾・予備校の無料体験を受けましたが、東進のシステムが私の理想と一番合致していました。東進は映像授業で、いつでも・どこでも授業を受けることができます。また授業の最後にテストがあり、合格できないと先には進めないという厳しいところもあります。納得がいかなければ再度授業に戻って繰り返し復習することもできました。私は大学受験を通じて、一つのことに真剣に向き合いました。全ての時間をそれに費やし、完全燃焼したと思います。自分が本気になったらどこまで伸びていくのか、どこまで行きつくことができるのか。自分と向き合い、深く考えました。このことはかけがえのない人生経験です。困難を乗り切った達成感や充実感だけではなく、乗り越えるための方策を考え抜くことができた自分。挑戦をし続けた自分。いつからこんなに強くなったのだろうかと、心の成長も実感することもできました。また、応援してくれる人がこんなにいるのだな、と有難さも知りました。振り返ってみると多くの人たちに支えられてきたのだと思います。「受験は団体戦」などという人もいますが、今ならその言葉の意味が少し分かるような気がします。在校生の皆さん、次は皆さんの番ですね。応援しています。




佐藤 拓海 さん

新札幌校
札幌東高等学校→北海道大学 経済学部

私は大学受験をする上で「仲間とのライバル関係」が特に大切だと感じました。仲間と共通テストの過去問・予想問題や様々な大学の過去問を一緒に解き、考え方を話し合いました。確かに、第一志望合格という目標への最短ルートはその大学の過去問を一人で黙々とやることかもしれません。しかし、必ずしも最短ルートが最適だとは限りません。そもそも、大学入試は将来の夢を実現するための途中地点にすぎません。その途中地点にたどり着くための過程であり、人生の一部である受験勉強は楽しむべきだと思います。私は人と話すのが好きなので、この勉強方法を実践し、苦痛だと思うことなく続けることができました。また、常に負けないように頑張ろうという意識をもつことができ、それが成績の向上・安定につながったと思います。最後に、これは数ある勉強方法の一例であり、皆さんに合うかどうかはわかりません。様々な方法を試し、自分に適した勉強方法を確立することが重要だと思います。




山岸 瑠梨花 さん

小樽駅東校
小樽潮陵高等学校→北海道大学 経済学部

私は高3の12月共通テスト本番レベル模試の時点では北大経済学部の判定はE判定でした。そこでなぜ私が合格できたのか、ポイントは2つあります。1つは、担任の先生と戦略的に自分のあった勉強計画を立てたことです。私は短期集中型なので長期的に少しずつ進めることは苦手でした。そのため、「国数英を先にある程度点数がとれるようにし、理社は直前に演習を通して目標点まで点数を上げる」という計画を立てました。この計画に沿って勉強したことで、E判定や直前期でも焦ることなく最大限自分の力を発揮して点数を伸ばすことができました。もう1つは、担任助手や東進の同級生とコミュニケーションをとったことです。勉強だけを長時間進めていると集中力が切れ、効率が落ちます。そう感じた段階で区切りをつけ、不安な事を相談したり、進捗状況を共有することでメンタルケアやモチベーションの向上に繋がり、結果的に勉強だけをするより効率的に勉強ができました。このような自分に合った勉強法を持つ事が合格に繋がると思います。




安川 深来 さん

岩見沢四条通校
札幌第一高等学校→北海道大学 経済学部

私は高2の3月に東進に入学して本格的に受験勉強を始めました。古文が苦手だったので古文の授業を受けてみると、今まで全くわからなかった文法が理解できました。模試で古典文法の問題が出た際は、ほぼ確実に正解できるようになりました。また、東進の担任の先生からも、「助詞・助動詞・敬語」を重点的に進めるようにアドバイスをいただき、古文の勉強の指針とすることができました。北大本番レベル模試を受験して、自分の弱点を明らかにして、模試の結果を元に東進の担任の先生と面談をしました。面談では国公立2次私大対策の過去問演習講座を8月から取り組むように計画を立てました。最初は「まだ早いのではないか。」と懐疑的なところもありました。しかし、共通テスト後に2次試験の勉強を始める人もいますが、自分はもう解き終わっているということが、大きな自信になりました。慌てることなく、勉強を進めるきっかけとなりました。模試で自分の課題を明らかにして、『大学入学共通テスト対策講座』と『国公立2次私大対策講座』で課題を克服していくことを徹底できたことが合格できた最大の要因だと思います。




小泉 祐希 さん

岩見沢四条通校
岩見沢東高等学校→北海道大学 教育学部

私は中学3年の3月から東進に通い始めました。東進の強みだと感じるのは自宅でも学習できる環境が整っていることです。映像授業の講座はもちろん、単語などの基礎力を身につける高速マスター基礎力養成講座や大学入学共通テスト対策も、パソコンやスマホがあれば活用することができます。このことはコロナ禍で受験を迎える受験生にとって、とても有り難いシステムでした。私自身、共通テストの前は感染を恐れて外出することすら神経質になっていたため、家にいながら受験勉強ができることにとても助けられました。また、国公立2次私大対策講座も、解説授業と記述問題の添削指導が受験対策にとても有効で、実力と自信の両方を磨き上げることができました。勉強法とは、受験生の数だけある正解のないもので、私が今挙げたものもあくまで一例にすぎませんが、受験へ向けて望まれる勉強法の一つであると思います。大事なことは、「自分の努力を最後まで信じる」ことです。東進の担任の先生は最後まで私のやってきたことを信じて「これだけやったんだから大丈夫!」と励ましてくれました。自分の努力を信じて、そしてそれを信じてくれる環境が私を合格へ導いてくれたのだと思います。




牧野 礼志 さん

札幌南高前校
札幌南高等学校→東京大学 理科一類

私は札幌練成会の最良塾で学び、札幌南高校に進学した後、引き続き東進・札幌南高前校で大学進学に向けた準備を始めました。本格的な受験対策といえるものは高3生になってからでしたが、高1から続けていて良かったと思うことは、学習習慣が途切れることなく生活リズムに組み込まれたこと、先取り学習のおかげで学校の授業の理解にあまり苦労しなかったこと、さらに部活をやりながらも残った時間を有効活用できたことが挙げられます。数学、英語については、この高1からの蓄積があったからこそ、高3からの本格的受験対策でも間に合ったのだと思います。東進での学習は、特に「東大の二次過去問演習講座」の添削と解説授業、そして「志望校別単元ジャンル演習講座」を活用しました。自分自身の演習結果をAIが分析してくれ、弱点を補うために必要な、問題集には無い様々な問題に触れることができたおかげで、第一志望校に合格することができました。




小原 佳悟 さん

札幌駅北口校
札幌第一高等学校→東京大学 理科一類

受験勉強においての熟成とは一体何であろうか。それは分析力と思考力である。自身の現状を分析し、考え、勉強するのである。その過程において、東進衛星予備校のシステムが絶大な力を発揮するのだ。東進衛星予備校の大きな特徴として挙げられることは、何といっても各生徒に合わせた柔軟な学習ができるということである。ただ自身が取りたい講座を取るだけでなく自身に合わせた学習スタイルを確立させやすいのだ。そして繰り返しいつでも見られる講座によって何が自分に必要かを考え学習を進められる。これは今だけではなく社会に出てからも確実に要請される能力である。もちろん方針に迷ったとしても面談での適切なアドバイスによって自主性を保ったまま学習を継続することができる。また、講座自体も非常にクオリティが高い。物事の本質をつかんだ授業や論理的思考力が養われる授業がとても多いのである。そしてその他にも高速マスター基礎力養成講座や過去問演習講座などのサポートも充実している。自身の現状やレベルに合わせて自分で選択し、合格やその先を見据えた努力を重ねられる環境から実力がつくことは必至である。これらの素晴らしいシステムはまさに練成会グループの「未来を担う子どもたちのために塾文化を創造する」というスローガンが顕現したものであると言えよう。




小泉 天人 さん

札幌元町校
札幌光星高等学校→東京大学 理科一類

私が東大に合格した理由は様々ありますが、どれかひとつというのならば、自分の心の中にもう一人の自分という存在がいてくれたことだと思います。何かを成し遂げるのにモチベーションはあって困りません。この大学に入ればこんなにいいことがあり、自分はここに受かってこんなことをする、などと考えて動機付けにする人も多いと思います。しかし私は、そういう風に自分の人生を最大効率で進める考え方に少し疲れてしまいました。そこで私のモチベーションになってくれたのがもう一人の自分の存在です。私の心の中にもう一人自分がいてくれることによって、合格すればもう一人の自分もいい人生を歩める、という動機ができます。また、もう一人の自分は試験直前期や本番でも役立ってくれます。大事な時期に堕落しそうになった時のストッパーになってくれましたし、試験本番での感触が悪かった時に自分を一番慰めてくれました。志望校に合格するために厳しい努力をしているという観点では、二重人格ができても何の不思議もありません。私にとってこの手法は合格をサポートしてくれる物でした。この体験記を読んで試してみたくなった人は、ぜひ一度実践してみましょう。




芥川 悠希 さん

大通駅4丁目校
札幌北高等学校→京都大学 理学部

兄が東進に通っていたというのと自分が練成会の中学部にいたという理由で中3から東進に通っていました。高2までは授業の先取りを意識していましたが、苑田先生の『トップレベル物理』と『大学の物理』で自分で考えることの大切さを学びました。「授業はあくまで内容を説明するだけで、そこから何を学び何をするのかは全部あなた自身で決めてください」と苑田先生の話があり、自分が何も考えずにただ勉強をしていたことに気づかされました。それからはどんな意味を持ち何を表すかをじっくり考えるようになりました。受験勉強を通して最難関大学では、この当たり前ができる学生を求めていると思いました。これは一人で身に着けるのは難しいですが、担任助手の先生と話したり計画を一緒にたてたりして身につくと思います。限られた時間の中で合格を勝ち取る為には自分に必要な勉強、やりたい勉強を全力ですることが大事で、学力が上がる以上に大切なものが得られると思います。短い期間ですが最後まであきらめずに頑張ってください。




加藤 慧悟 さん

札幌駅北口校
札幌南高等学校→京都大学 工学部

私は昨年、同大学を受験し浪人生となったので、2年連続で同じ所に落ちられないという焦燥があり、昨年自分に言い聞かせてきた「現役生は秋以降加速度的に伸びてくる」という言葉がブーメランのように自分の不安を駆り立てる心細い毎日を過ごさねばなりませんでした。そんな中で東進で現役時代を共にし、今は担任助手となった友人や、高圧的なまでに熱意のある担任のおかげで一年後の自分を明確にイメージし、合格へのモチベーションを常に保つことができたので、そこには感謝しかありません。また、ハイレベル化学を受講したことで、暗記のような状態だった化学を、理論によって体系的に理解し、応用を利かせられるようになったことで、冠大模試でも高得点を維持し、当日もたとえ難解でクセが強くても及第点を取れるだろうと確信を持つことができました。結局今年の京大化学は割と一般的でトリッキーな問題ではなかったので余裕を持って見直しをしたりすることに時間を割くことができ、合格につながったのではないかと思います。




野村 帆伽 さん

札幌駅北口校
札幌南高等学校→札幌医科大学 医学部医学科

私は中学の時に通っていた塾の継続で東進に入学しました。コロナで休校になった期間もある程度勉強していましたが、本格的に受験勉強を始めたのは、高2の修学旅行明けの春休みです。高3の夏休みまでは理科社会の未習分野や数Ⅲの復習、夏休みは共通テスト対策、9~12月は二次試験対策をしていました。私の場合は高2の段階で英語、ⅠAⅡBを大体完成できていたのでそれが出来ました。自分に合わせて柔軟に進められたと思います。また同じ所で勉強していると飽きてしまう性格なので、塾と家で場所を変える工夫もしました。私が東進に入って1番良かったことは、一緒に勉強を頑張れる仲間や先生に出会えたことです。勉強に行き詰った時や、やる気が起きなかったときは、友達と話すことで気持ちを切り替えることができました。また、現役の大学生である担任助手の先生と話したり相談したりすることで、大学入学後の生活がイメージ出来たり、モチベーションの向上につながりました。1年間たくさんの模試を受けていると思うような結果が出ず辛くなったり、勉強が嫌になるときもあると思いますが、自分を信じて頑張ってください。




蓮野 天 さん

小樽駅東校
小樽潮陵高等学校→札幌医科大学 医学部医学科

私は小学生の頃から英語を勉強していて、小5で英検準2級、中3で2級に合格しました。その後も英語は心強い武器でした。また、中学生の頃から高校数学の予習を始めて、東進のセンター(共通テスト)本番レベル模試や全国統一高校生テストを受けて、将来到達するべき場所が見えて、勉強のモチベーションになりました。東進の模試は、成績表公開までの日数が短いので、受けてすぐに成績が分かることで勉強の方針が見え、役立ちました。高3になってから、二次試験用の数学が伸び悩んだことから、共通テスト対策に方針を変えて数学以外の科目を整えることに力を入れていました。そのおかげで共通テストは難化しましたが、自己ベストを大きく割ることなく、満足のいく点数を獲得することが出来、アドバンテージになりました。




野中 結衣 さん

札幌北24条校
札幌北高等学校→札幌医科大学 医学部医学科

高校入学から医学部への進学を目標に努力しました。医学部は私にとって憧れであり夢でしたが、高2の夏頃からは、その夢を実現するために色々なことを変えました。Instagramをログアウト、生活スケジュールを見直し朝型へ、睡眠の質を向上させるため夜はスマホを見ない…。そのおかげで着実に成績が上がっていきました。しかし、その後に私を苦しめたのは数学。数Ⅲが出題範囲の大部分を占めるようになってからは、模試成績も上がらず、高3の夏休みは全てを勉強に捧げたはずなのに結果は下降していました。「どうして成果が出ないの!?」秋になると精神的に辛くなってきました。「もう嫌だ」、そんな気持ちになっていた私に色々な方たちが声を掛けてくれました。北高の先生、東進の先生、家族、友人たち。何気ない会話でしたが、私を笑顔にしてくれて、私の努力を認めてくれて、また力強い言葉で勇気を与えてくれました。高校生の皆さん!周囲の人たちを大切にし、その人たちへの感謝の気持ちを忘れないことです。そして、入試当日には「自分はこんなに頑張ってきたのだから大丈夫!」と思えるくらい、毎日の勉強を頑張ってください。応援しています!




吉村 直純 さん

札幌駅北口校
北嶺高等学校→旭川医科大学 医学部医学科

学校の授業や部活動が終わってからでも、十分な学習時間を確保でき、頑張っているライバルたちの姿を見て自分も頑張らなければと学習意欲が上がる自習室があり、またいつでもどこでも好きなだけ何度でも受けられる授業システムの自由度の高さは、僕のライフスタイルに非常に合っていました。高速マスター基礎力養成講座や過去問演習講座 共通テスト対策は、演習を何度も繰り返すことで効果を強く実感でき、得意分野・苦手分野の把握や効率よく対策することに役立ちました。また、コロナ禍であっても校舎で直接打合せできたり、蔓延防止対策期間では電話やZOOMで定期的な面談があり、自分の欲しい情報やアドバイスをきめ細かくもらえたことは、学習モチベーションを向上させてくれ、志望校合格に繋がったと思います。




畑中 梓 さん

大通駅4丁目校
立命館慶祥高等学校→大阪大学 工学部

私は“学校推薦型選抜受験で絶対に合格したい“と強く思っていたので、大学入学共通テストで高得点を取ることが何よりの目標でした。高3の夏休みが明けても地理の得点は50点で伸び悩み、このままではいけないと思って東進に入学しました。過去問演習講座共通テスト対策を一通り全てやり、2周目に取り掛かったときに実力向上を感じました。「量より質」とおっしゃる先生もいて、その考えも正しいと思いますが、私の場合は量をこなすことで傾向が掴めました。 地理のみならず物理化学においても同様のことが言えます。過去問最強!!もう一つ私の受験生活の支えになってくれたのは、同じく東進に通う友人との会話でした。「過去問何年分やった?」と聞きあうことで友人の進捗を知り、焦りに駆られることで自分の受験勉強もはかどりました。受験を終えて思い返すと、受験というものはやはり団体戦です。切磋琢磨する友人を増やし、共に頑張れ、受験生!




伊勢谷 莉子 さん

札幌北24条校
札幌北高等学校→大阪大学 医学部保健学科

私は英語を得意としていたのですが、その一番の要因は、東進の渡辺勝彦先生が授業の中で仰っていた「英語は高2の3月までに完成させる」ことを自分なりに達成できたことだと思います。英単語は高速マスター基礎力養成講座を早期に進めること、文法は映像授業の後の確認テストや、テキストを有効活用してきました。高校の友人の中でも英語は完成度が高かった方です。得意科目ができると苦手科目の勉強の息抜きやモチベーションアップにもつながりました。その一方で理系でありながら数学と物理は苦手でした。苦手を克服する一番の方法は、「同じ間違いを繰り返さないこと」です。間違えた問題に対して、どうして間違えたのか、何が理解できなかったのか、それを考え抜くことで、次に同様の問題が出た時には落ち着いて対処できるようになりました。東進生の皆さん、東進を十分に活用して志望校に合格できるように頑張ってください。応援しています!




東 晃輝 さん

東札幌校
北嶺高等学校→東北大学 工学部

僕は受験勉強をしていく上で、「自分のしてきたことに自信を持つ」ということが大事なことだと感じました。勉強のモチベーションを保つためには「必ず志望校に合格できる!」と信じることが重要だと思います。今、そのような自信を持っていないという人でも、学校の授業や東進の受講、高速マスター基礎力養成講座をこなし、基礎力を付けていくことが出来れば自然と自信がついてくるはずです。また、志望校の受験制度を早めに調べておくことも大切なことだと思います。推薦入試出願では志願理由書や活動報告書など、受験に必要な書類の準備には想像以上に時間を要します。受験直前期に勉強のペースを崩さないためにも、時間に余裕を持って取り組む必要がありました。僕が一番言いたかったことは、精神的にも時間的にも余裕を持って勉強に励むことが大切だということです。このことが出来れば、誰でも実力を伸ばし合格を勝ち取ることが出来ると思います。頑張って下さい。




穂井田 理玖 さん

札幌西28丁目校
札幌北高等学校→東北大学 工学部

私は中2の冬に東進に入塾しました。最初は数学特待制度を利用して、週に1回高校数学の受講をしていました。標準的な内容を学んでいただけでしたが、東進の授業はとても面白く、高1までに数3を終わらせることが出来ました。そのため、学校の授業は、1度触れたことのある内容をもう1度やる、良い復習となりました。数学は、このように受講が予習となって助かったのですが、化学は復習となって助かりました。高2の後半から受け始めた、樹葉先生の難関化学では、「難関」という名前でありながら、基礎や、化学反応のメカニズムから学ぶことができ、それにより理論、無機、有機と幅広く知識をつなげて覚えることが出来ました。1度学校でやっていた化学の内容で理解できなった部分を受講によって本質から理解することで、苦手としていた化学が得意科目となりました。また、東進では問題演習をするときも助けられました。わからないところがあればいつでも担任助手に聞くことが出来ました。また、共通テストの過去問演習講座では、10回分もの問題を解くことができ、演習を重ねるにつれてできること、わかることが増え、点数が上がっていく楽しみが出来ました。そして何度も解いているうちに、解く順番や時間配分、捨てる問題の見極めなど、自分のスタイルが確立していきました。取り敢えず校舎に行けば誘惑なく勉強できるというのも東進の利点だと思います。




西村 大吾 さん

仙台北四番丁校
仙台第二高等学校→東北大学 法学部

私は高校1年生から3年生まで剣道部と文化祭実行委員会に所属していたため、時間に余裕がなく自分の勉強を導いてくれる人が必要だと考えていました。そのため東進には1年生の時から通っていました。 英語は苦手教科の1つでしたが、東進での受講と高速マスターをやりこんだ結果、共通テスト本番レベル模試で2年生の頃には7割以上得点できるようになりました。高校2年生の時に取った受験数学の授業は当時の自分には難問ばかりで予習復習にもかなりの時間がかかりましたが、受講が全て終わるころには難関大の標準問題は十分解ける実力が身に付きました。受験期は演習中心の学習を行い、その中でも志望校別単元ジャンル演習講座は本当にやりこみました。記述の添削指導はとても役に立ちました。志望大合格に向けて何度もくじけそうになったこともありましたが、その都度、担任の先生や担任助手の先生たちが励ましてくれ、最後までやり抜くことが出来ました。これからの人生において大変貴重な勉強を東進でさせていただきました。本当にありがとうございました。




永末 大翔 さん

札幌元町校
札幌開成中等教育学校→名古屋大学 教育学部

僕は高1の春頃に東進に通い始めたのですが、高1は東進の講座を見る以外に勉強はしていませんでした。高2の冬になり、高3の先輩方が東進で毎日遅くまで勉強をしている姿に感化され、本格的に受験勉強を始めていきました。この早い時期からの学習習慣によって、高3の6月頃にはA判定を取ることができました。そして、この判定で調子に乗らずに勉強を続けられたことが合格という結果に結びついたと思います。というのも、『大学入学共通テスト対策講座』では点が取れていないのに、模試では点が取れていたということもあり、自分の能力として定着していないと感じたところの補強を常に行ってきたためです。こういった受験勉強を通して学んだことは、常に自己分析をしよう、ということです。自分の弱点を見たくないという気持ちもあるけれど、この弱点をいかに強みとして自分に還元していくか考え続けることにより、学びは一層深まると思います。これから受験生となる皆さんにも、この姿勢をもって学習してほしいです。頑張ってください。




高塚 朝陽 さん

新札幌校
札幌東高等学校→名古屋大学 情報学部

僕は国弱(国語が苦手)です。高3生の夏に進研マーク模試を受験し、200点満点中62点(偏差値39.3)をとってしまいました。この頃の模試の国語は、毎回得点率が5割を切っていました。季節が夏に変わった頃から、高校の通学時間を上手に使い、30分演習+復習で100分、毎日2時間以上の演習を国語に費やしました。そこで”国弱部”というのが生まれ、部長、副部長、他部員2~4人で協力して楽しく、毎日演習、復習を行いました。8月からは毎日2時間の演習を行い、結果として本番は200点満点中、117という結果となりました。他の部員はだいたい150点あたりをとれるように成長していました。 ここからの教訓として、1.量をこなした後、質を見直すことが大事です。 2.数学・英語・理科をしっかりと固めることができれば、見通しがついてきます。 これらが大事だと思います。




中本 丈滋 さん

札幌駅北口校
札幌北高等学校→東京工業大学 生命理工学院

私は高1の4月から東進に通い始めました。高1・2の間は、部活で忙しく勉強時間はあまり確保できませんでしたが、毎日東進に来て、少しでも勉強することを習慣にしていたために高3になってから毎日長時間勉強することはそこまで辛くありませんでした。高3の間は、主に演習の授業を中心に受講しており、数学ぐんぐん(応用編)や難関国立大英語は難易度は高いが考える力がつき、とても役に立ちました。ただ、理科の演習量が足りず、現役で合格することはできませんでしたが、浪人の間は、特に理科に力を入れ、東進ではハイレベル物理演習が良かったと思います。授業以外にも、合格までの計画立てや添削で部分点の取り方など、学力だけでなく、得点力の養成までできたと思います。合格まで支えてくれた親や東進の方々には本当に感謝しています。




梅田 陸 さん

札幌駅北口校
開成中等教育学校→東京工業大学 工学院

僕が東進に入塾したのは高1の4月でした。理由は仲の良い友達で通っている人が多かったからです。自分は特に受験を特に意識していませんでしたが、東進で初めて受けた模試の成績帳票を友達と見比べて自分の学力の低さを痛感し、真面目に勉強を始めました。高1・高2の頃は英数を重点的に学習しました。映像授業の強みを活かした先取り学習により、高1のうちに「高校対応数学」をⅠAⅡBⅢまで修了し、高2で長岡先生の「数学ぐんぐん・微積もぐんぐん(応用)」を受講して難関大レベルの数学力を身につけました。高3からは物理と化学の学習も始め,夏休みまでに難関大レベルまで引き上げました。短期間で理科の学力を上げることができたのは、数学を早く進めたことで理科に専念する時間が生まれたことと、数学の学習を通して養った理数的な思考力のおかげだと思います。夏からは過去問演習に入りました。東工大は2次試験配点比率が100%なので、2次試験対策に特に力を入れました。僕は過去問演習が1番重要だと思います。東京工業大学の過去問を22年分解いたのですが、それによって形式に慣れて得点力を高めるだけでなく、「自分はこんなにやったから落ちるはずがない!」という絶大な自信に繋がりました。




佐藤 優磨 さん

仙台北四番丁校
泉館山高等学校→東京外国語大学 言語学部

私が第一志望の大学に合格出来たのは、3年間ひたすら東進の校舎に通い続けた成果だと思います。中学の時はあまり成績が良くなかったのですが、難関大学を目指すことを目標に高校1年生から必死に勉強してきました。部活動を引退するまでは、平日は部活動の帰りに東進に寄り、週末は部活後に自宅で仮眠をとった後に東進に通いました。2年生までは徹底して英語と数学の基礎力強化にこだわって学習しました。おかげで2年生までに、特に英語は安定して高得点を取れるようになりました。3年間毎日のように校舎に足を運ぶのは大変なことでしたが、いつも応援してくれる担任や担任助手の先生たちの励ましもあり何とか最後までやり遂げることが出来ました。最初はとんでもなく高い目標と思っていましたが、勉強を進めるうちに少しずつ自信がついてきました。私はこの受験勉強を通じて努力の分だけ結果はついてくるのだということを改めて実感することが出来ました。本当にありがとうございました。




江川 史華 さん

札幌駅北口校
札幌南高等学校→東京外国語大学 国際社会学部

私が東進に入塾したのは、高校3年生の夏頃でした。入塾前は学校で与えられた課題やテストに向けた勉強だけをこなしていて、本格的な受験対策は不十分な状況でした。しかし、入塾後は定期的な面談を通じて自分なりの目標を設定することの大切さを知り、志望校合格に向けて着実にステップアップすることができたと思います。また、東進の大学入学共通テスト対策講座や国公立二次私大対策講座は点数だけではなく、間違えた問題が細かく記録されていたので、自分の弱点を見つけ、目標や計画を立てる上で非常に役立ったと思います。志望校の合格に向けて大切なのは継続的な努力だと受験を通じて思いました。その場しのぎの勉強ではなく、計画的な勉強を心がけることで、基礎的な知識の定着につながり、安定した得点力が身に着くと思います。東進では模試の成績や学習の進捗状況を確認することができ、自分のペースで演習をこなすことができるため、主体的に勉強することができます。また、担当の先生方のサポートも大きな支えになりました。東進に入ってよかったです。




田 詩園 さん

札幌駅北口校
立命館慶祥高等学校→慶応義塾大学 法学部

私はFIT入試で慶応義塾大学法学部に合格しました。FIT入試は提出する書類が多く、一般入試に絞るか迷いましたが、少しでもチャンスを増やしたいと思い、AとBの両方式を受験しました。志望理由書や自己推薦書では15年間習ってきたピアノの実績や部活動、ボランティア活動などをアピールしました。二次試験の面接は、自分の意見や考え方を大学の教授に聞いてもらえる貴重な機会だと思い、自信を持って楽しく臨みました。結果的にはFIT入試で合格し、東進での勉強が入試に直接結びついたわけではありません。しかし、中学の時から東進に通い、国数英の3教科を苦手にしなかったことで、余裕を持って推薦の準備を進められたと思っています。東進の講座は自分のスケジュールに合わせて受講の日程や進め方を調節でき、マイペースな私にはすごく合っていました。また、わからなくなってしまった部分は、巻き戻したり、止めて考え直したりすることができるので、効率的に勉強に取り組むことができました。受験勉強が辛いと感じる瞬間があるかもしれませんが、1年間頑張れることで、将来の自信に繋がると思います。後悔が残らないように最後まで頑張ってください!




宍戸 亜弥 さん

大通駅4丁目校
札幌旭丘高等学校→北海道教育大学 教育学部/札幌校

受験勉強を通して、やっておけば良かったことは時間がかかる数学や英語を1年生のうちからコツコツと勉強することです。私は東進に入ったのが3年生からだったので当然高速マスター基礎力養成講座もそれほど触れられたわけではありませんでした。早いうちに入学し何度も繰り返しやっておくことがおススメです。自分の行きたい大学のことのみではなく、自分の学力レベル周辺の大学のことは3年生になる前にしっかり調べておいた方がいいと思います!やっておいて良かったことは暗記科目を早期に触れ完璧にしたことです。3年生は『過去問演習講座・共通テスト対策』に何度も触れ演習していくと思います。その中で暗記科目がしっかりしていると他の科目に時間が割くことができ非常にいいと思います。共通テストや二次試験本番に強い受験生になってください。




佐々木 爽 さん

小樽駅東校
小樽潮陵高等学校→北海道教育大学 教育学部/札幌校

私は中学校3年の3月に東進に入学しました。何度でも受講できたり、自由な時間に受講できたりするので、自分に合ったスタイルで学びを深めていけることがとても良かったです。そして、3年生になってからは、大学入学共通テスト対策 過去問演習講座や国公立二次私大対策過去問演習講座などがあり、それが合格につながったと思っています。1度きりで終わるのではなく、何度も解きなおし、しっかり復習をすることで、知識が定着したり、問題になれたりすることが出来ました。私はスタートが遅く、やる気に波があり、とても後悔したので、皆さんには早めにスタートして、継続した勉強をすることをおすすめします。自分の思い描くように「未来」を変える唯一の方法は「今」を変えることです。これから受験を迎えるみなさんに素敵な春が訪れるよう祈っています。頑張ってください。




小川 陽菜乃 さん

大通駅4丁目校
札幌月寒高等学校→札幌市立大学 看護学部

私は全国入賞を目指し8月まで部活をやっていて、まとまった勉強時間を確保できるようになったのが周囲の人より遅く、6月に友達が引退し勉強をしている姿を見てすごく焦りました。部活は毎日、土日も一日中で家でも自主練と体力的にも厳しかったのですが、どんなに疲れていても東進に来て勉強するようにしていました。登校等の隙間時間は高速マスター基礎力養成講座や学校の単語帳、リスニング教材で埋められるよう大切に使いました。引退して本格的に受験勉強を始めましたが中々成績が上がりませんでした。自分の苦手や優先順位を把握できていなかったからです。このままでは第一志望に合格できないと感じ10月から志望校別単元ジャンル演習講座を始めました。成績を分析し優先順に過去のセンターや二次試験の問題を出してくれるので毎日10個は解いて翌日必ず復習し満点が取れるまで何度も解きました。すると8月にはE判定だった東進の模試で11月にA判定を取ることができました。成績向上を実感し自信もつき勉強に励むことができ合格をつかめました。




高瀬 愛菜 さん

札幌駅北口校
札幌開成中等教育学校→札幌市立大学 デザイン学部

私は、新型コロナウイルスが流行し始め、学校が休校になったことをきっかけに東進に入ることを決め、卒業するまで大学入学共通テスト対策講座を利用しました。入校時の実力診断テストの結果があまりにも絶望的で、自分がどれだけ勉強をさぼっていたか知りました。お恥ずかしい事ですが、中高一貫校に通っていたこともあり、自分がそこまで学力が無かったとは思っておらず、かなりの刺激になりました。東進ではかなりの頻度で模試があったので、そのたびに自分の成績がどのくらいかを知ることができたのはありがたかったです。“成績がやばいぞ” と定期的に後ろから成績帳票に蹴られているような衝撃を受けていました。私は、経済的な理由もあって過去問演習のみに切り替えていきましたが、私を含め自分を制御する自信が無い方は、講座をしっかり取ることをおススメします。この1年、受験生として過ごして分かったことは、学習の習慣を作ることが何よりも大切だということ、自分のやる気のオンオフを制御できるようになることが必要だと言う事でした。当たり前に出来ている人もいますが、私のようにこれから本腰を入れようという方は、できるだけ早くからゆっくりと慣れておくことをお勧めします。頑張ってください。