酒井 琢朗 さん

札幌駅北口校
札幌東高校→東京大学 理科Ⅱ類

東進の良いところは何と言っても自分のペースで先取り学習が可能である点だと思います。
僕は高1の頃から東大を志望していたので、早めに初習を済ませ演習に多くの時間を割くことができました。特に数Ⅲを高2の秋に終わらせることができたのは大きなアドバンテージになったと思います。
東進では自分のペースで学習できるので、早いうちから志望校を決め、意識高く取り組めば、学力を飛躍的に向上させることができます。




西川 敦彦 さん

札幌駅北口校
北嶺高校→東京大学 理科Ⅱ類

僕は高2の冬に東進に入校しました。学校では理科の進度が遅く、物理・化学ともに全範囲の半分が終わっているくらいでした。冬休み中に東進の授業で理科の未習部分を一通り学習し、本番のチャレンジセンターで化学は8割を超えることが出来ました。
4月からは苑田先生のハイレベル物理を受講し始めました。物理を根本から教えてくださるので、深い理解につながり、物理の問題が格段に解きやすくなりました。
以上のように、東進の授業は、うまく活用すれば必ず成果につながります。皆さんのご活躍を心よりお祈りしています。




松山 剛大 さん

札幌駅北口校
札幌南高校→東京大学 理科Ⅱ類

東進は受講の時間的自由度が高いので、先取りするのに有利な予備校だと思います。私は2年生のうちに高校範囲の数学、化学、物理を終わらせることができ、3年生になってからはずっと演習していたので合格に必要な二次力をつけることができました。
夏の東大模試で物理ができないことを知って3年生の夏から、物理を一からやり直しました。このようなことができたのも東進の時間的自由度の高いシステムのおかげです。




野村 大善 さん

札幌清田真栄校
北嶺高校→東京大学 理科Ⅰ類

私は、高3の6月に東進の東大本番レベル模試を受けたことがきっかけで東進に入学しました。そこで、苦手だった物理を克服したいと思い、苑田先生の東大物理を取りました。最初は分からないことも多く大変でしたが、分からないところを何度も見直し、理解することができました。難しくて大変でしたが、それを理解できるように努力したことで物理が出来るようになったと感じています。皆さんも、東進の映像授業を活用し、栄冠を勝ち取ってください。




小倉 聡史 さん

札幌駅北口校
札幌南高校→東京大学 文科Ⅱ類

東進の講座は家でも東進のブースでも受けられるので、都合の良い時間にすぐに見ることができて、時間が限られる人にとってはとても便利だと思います。
また、東大本番レベル模試は本番と同じ形式を体験することができ、文転して形式に慣れていなかった僕にとってとても役に立ちました。東進の模試は返ってくるのがとても早いので記憶がまだ残っているうちに復習できてとても便利でした。




嶋崎 江美 さん

札幌月寒校
札幌日本大学高校→東京大学 文科Ⅰ類

東進の映像授業であれば、首都圏の受験生が受けている質の高い授業と全く同じ授業を受けることができます。日本でも有数の一流講師陣の授業を受けれたことは、勉強をすすめる上で非常に役立ちました。言うまでもないくらいですが、林修先生の現代文は本当に素晴らしいです。東大受験生なら彼の授業は必ず一度は受講した方が良いと思います。また、過去問講座は受けて良かったと思います。何回も過去問を解くことで出題意図を見抜く練習ができましたし、何回も添削に出すことで減点されにくい完全解答の作り方が身についたと思っています。採点が丁寧で、解説もしっかりとしていて、本当に役に立ちました。




田中 遼太 さん

札幌南高前校
札幌南高校→大阪大学 工学部

東進で良かったと思うことは、授業の時間を決められることと、学校のすぐそばにあるということです。部活後には直接東進に行き、効率よく勉強することができました。また過去問演習講座もとても重宝しました。二次対策講座では添削と解説授業で更に実力を高めることができました。大阪大学は入試問題が難しいので、基礎を固めることを意識しました。勉強していくにつれて、難問は基礎から繫がっていることに気付きました。そして何度も解いているうちにどんどん解けるようになっていくのが楽しくもありました。部活と勉強の両立ができ、志望大学の第一志望の学科に合格できて本当に良かったです。




村林 真実 さん

札幌駅北口校
札幌北高校→大阪大学 医学部

私は今、大阪大学に合格することができてとても驚いています。
担任助手の先生方が声をかけてくれたり、周りの東進生が頑張っている姿を見て私も頑張ろうと思えたことも合格できた要因の一つだと思います。本当に、東進の先生方や友達、家族には感謝の気持ちでいっぱいです。




増田 淳之介 さん

札幌駅北口校
札幌南高校→大阪大学 文学部

根本的な問題を多数抱えていた僕は、担任助手のアドバイスを聞いて、基礎力の強化を図りました。本番のセンター試験では、英語の点数を1年前から100点以上上げることができました。
東進に通う中で最も良かったことは、自分が集中して勉強できる場所が整っているということです。あまり勉強する習慣がなかった自分でも、東進に来れば集中して長時間勉強することができました。




明石 大輝 さん

札幌南高前校
札幌南高校→京都大学 理学部

僕は高校1年生のとき、あまり勉強せず成績はどんどん下がってしまいました。特に国語は深刻で、全くと言っていいほどできませんでした。そのため東進に入学し、林先生の講座を取り、国語とはどう解くべきものなのかという本質を教わることができました。結果的に国語は得意科目になっていきました。また過去問演習講座の物理で、どう解くのが賢い解き方なのかを知り、速く正確に解けるようになりました。国語や物理に関して言えば、これ以上にない最高の授業を受けることができ、これが自分の合格の理由であったように思います。




近松 映佑 さん

札幌駅北口校
札幌南高校→京都大学 経済学部

マイペースながらも東進に行くことで、勉強習慣のない自分でも、地道に勉強することができました。部活引退直後、僕の力は当然京大レベルではありませんでしたが、東進の映像授業とブースでの自習で力を確実に鍛えることができました。
「マイペースでいい」と言いましたが、マイペースと怠惰は似て非なるものです。皆さんのご武運を祈ります。




出村 和樹 さん

札幌駅北口校
旭川東高校→京都大学 経済学部

理力を向上させるということにおいては、林先生の授業を受けるということほどに着実な方法はないと思います。林先生の授業は王道というにふさわしいもので、大学側の出題の狙いなども含まれていて、どんな問題にも対応できる力がついていったと思います。
最初のうちは悪戦苦闘しながら受けていましたが、後半になってくると、文章を理解できる喜びを感じることができるようになり、もっと頑張ろうと思えるようになりました。高校の授業では体験できない洗練された映像授業は飽きることなく見ることができました。




菊地 菜央 さん

札幌北24条校
札幌北高校→東北大学 医学部

大学受験に最も重要だったと思うこと。それは『高い目標を設定すること』と『競い合える仲間を見つけること』です。東進では模試が終わると、担任や助手の方々が次の模試に向けた学習指針を立てるための面談を行ってくれるので、何をしたらよいかわからないという状況に陥ることもなく、最後まで自信を持って勉強することができました。また、校舎に競い合える仲間がいると『絶対に負けたくない!』という気持ちが双方に生まれるので、危機感・緊張感を持って学習に取り組むことができました。




中山 大輔 さん

札幌南高前校
札幌南高校→東北大学 工学部

僕は男子硬式テニス部に所属していたため、引退後から本腰を入れて勉強したのですが、間に合うのかどうか不安でした。しかし苦手な英語も文法Ⅳや難関大英文読解、高速基礎マスター文法750などを通じて文法を勉強し、センター過去問演習講座で長文を相当数こなしました。その結果、センター本番では自己ベストを大きく更新することができました。また得意科目である化学や物理では、センターと二次過去問演習で学習を重ねたことで更に理解を深め、目標とする得点を取ることができました。




岡下 悠 さん

札幌南高前校
札幌南高校→東北大学 農学部

ちょうど1年前の自分の成績は校内偏差値40をきっていたくらいでした。流石にマズイと思い選んだ塾が東進でした。新たな環境は自分の刺激になり、勉強のモチベーションが高まりました。東進では苑田先生のハイレベル物理を受講し、物理の基礎力をつけたかったため、繰り返し何度も受講できたことは効果的だったと思います。東大・京大のような大学に入るためには「短期で何とかなる」と安易なことは言えませんが、少なくとも東進のシステムを活用することで東北大に合格できるまでに力を伸ばせました。




山本 和輝 さん

札幌南20条校
札幌南高校→東北大学 理学部

前期の発表を終えて、周りを見てみると、受かりそうな人は大半受かり、落ちそうな人も大半落ちている。例外は少しだけ。僕は落ちました。だから入試はかなり公平。努力すればみんな受かります。がんばってください。あと、大学の物理と難関古文はとても面白いです。オススメです。最後に、校舎の先生たちには本当にお世話になりました。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。




蝶野 侑希 さん

札幌南20条校
札幌第一高校→東北大学 経済学部

私は高2の夏頃から本格的に勉強を始めようと思い、東進に入学しました。
小学校、中学校での塾とは違い、自分が来た時に自由に受講ができたので、時間に縛られることが苦手な私にはありがたかったです。また、勉強の悩みなどは受付の担任助手の先生達が親身になって聞いてくれたので、辛い時も折れずにいられました。
私は家では勉強ができないタイプだったので、学校で真剣に授業を受けてから、東進に足を運ぶ、という一連の流れを毎日欠かさなかったことも合格の秘訣だと思います。東進関係者の皆様、1年半ありがとうございました!




清田 未来 さん

札幌真駒内校
札幌東高校→東北大学 農学部

まず大学受験で必要なのは、自分と向き合うことです。なぜその大学・学部に行きたいのか?しっかり自分と向き合うことで、私はあきらめず頑張ってこれたと思っています。そういう目標があってこそではありますが、東進の授業は最高でした。今まで知らなかった知識を吸収でき、毎回の授業が楽しみでした。この「楽しむこと」が受験勉強を続けていくにあたり一番大事だと思っています。東進の講座の中でも最も役立ったのは過去問演習です。私は秋くらいから本格的にセンター用の演習に力を入れていき、大問別演習は本当にたくさん活用しました。特にニガテ教科の克服にはぴったりだと思います。皆さんもぜひ、受験勉強を楽しんでください。




長谷川 稜 さん

上野幌校
札幌南高校→東北大学 工学部

部活動で忙しかった自分にとって、映像授業は非常に有益でした。疲れてどうしても授業に集中できない場合でも、1つの授業を2日かけて受けるということができます。東進の授業は時間割に縛られないので、先生方としっかりと計画を立てていたのでこのような受講の進めかたでも、十分に受講を進めていくことができました。授業の内容自体も講師陣が充実しており、非常に質が高かったです。




三藤 航太 さん

札幌駅北口校
札幌北高校→東北大学 教育学部

私は数ある東進の魅力的なシステムの中で上記の2つによって学習の質を高めることができた。全ての科目で得点アップに必要な要素が散りばめられていて、短期的にも、長期的にも、得点を伸ばすことができます。
次に東進模試についてですが、問題の質が非常に高いです。私は本番レベル、大学別、難関大模試を活用させていただきましたが、全ての問題が良く作られていて、非常に良問だったと思います。そのほかにも東進には皆さんの学力向上をサポートするシステムが多くあります。自分に合ったものを活用して自らの進路実現に向けて頑張ってください。




戸島 一哉 さん

札幌南高前校
札幌南高校→東北大学 工学部

僕が東進に入学したのは高2の冬でした。定期的にあるセンター試験本番レベル模試はセンター試験よりも難易度が高めの印象で、なかなか高得点を取ることができませんでした。しかし、講座の一つである「センター試験過去問演習講座」で演習を繰り返すうちに思い通りの高得点を取れるようになりました。解説授業を併用することで、それらを改善することができ実力と得点の両方のレベルアップにつながったと思います。




山口 紗輝 さん

札幌駅北口校
→東北大学 文学部

映像授業の他に効果的だったのは、高速基礎マスターと過去問演習講座です。
高速基礎マスターでは、何度も復習することが苦にならなかったので、センター英語の筆記を一年で4割台から9割以上にまで上げることができました。
また、センター・二次の過去問演習講座では過去問10年分を解くことができるので、出題の傾向や解法を身に着けるのにとても役立ちました。




昔農 侑大 さん

上野幌校
札幌西高校→名古屋大学 経済学部

東進の魅力は「自由度の高さ」です。講座は時間割に縛られずいつでも受講ができるおかげで、無駄なく、かつ自分のペースで受講を進めることができました。また、授業の途中に巻き戻しができるので、何度も同じ箇所の授業が見られて非常に都合が良かったです。
加えて、過去問演習講座ではセンター試験本番の問題だけではなく、東進のセンター模試の過去問も手に入ります。おかげで、解く問題に困ることなく徹底した試験対策を行うことが出来ました。




吉沢 侑真 さん

札幌駅北口校
札幌南高校→北海道大学 理学部

僕は高校に入学してからすぐ、東進への入学を決めました。東進は他の予備校と違い、自由に時間割を決めることができ、時間的自由度の高い点が魅力的であると思います。
東進模試は返却が速く、記憶の残っているうちに復習でき居るのが魅力的な点であると思います。東進をフル活用すれば、自分の努力次第で志望校に合格することができます。皆さんの健闘を祈ります。




細矢 波奈 さん

札幌北24条校
札幌北高校→北海道大学 総合理系

私は、自分がどのぐらいの位の学力を持っているのかを知りたくて、東進の冬期招待講習へ申し込みをし、苦手だった英語と化学を重点的に勉強をするプランを組んでもらい、苦手の克服につとめました。
気が付けば英語は得意科目に代わり、化学も最終的には北海道大学の総合理系・化学重点で出願するほどに得意科目へ変貌を遂げました。また、グループミーティングで自分より勉強をしている人たちを見ることができたので、最後まで危機感を持ち続けられたのはとてもよかったです。また、困ったときには相談に乗ってくれる担任助手の存在も大きかったと思います。




飯田 太朗 さん

札幌北24条校
札幌北高校→北海道大学 総合理系

高1~高2と毎日勉強はしていましたが、思ったほど成績が伸びず苦悩の日々が長く続きました。このままでは大学受験で失敗するという予感があり、なんとか自分にあった勉強法は無いかと模索していたところに偶然『ノルマ式勉強法』と出会いました。そして、勉強量ノルマを設定するときに、東進は最適です。受講をノルマにしたり、英単語のステージをノルマにしたり、過去問をノルマにしたり・・・いろいろなモノをノルマに設定できるので勉強の指針を立てやすかったです。




粟津 亮祐 さん

札幌北24条校
札幌北高校→北海道大学 総合理系

 私は、何が何でも北大に合格するという強い意志を持って大学受験に臨みました。不安なときには、東進のグループメンバーに悩みを打ち明けたり、担任助手の方に相談に乗ってもらうことで、受験のストレスにも打ち勝つことができたと思います。たくさんのものを我慢したけれど、それ以上のものが私に返ってきたことが何より嬉しいです。東進グループのメンバー・担任助手のみなさん、本当にありがとうございました!




佐藤 佑樹 さん

札幌駅北口校
札幌南高校→北海道大学 工学部

私が東進に入ったのは、同年代(同級生)の真剣に大学合格を目指す人たちがいたことが理由です。
1人では勉強が苦痛で仕方がなかったのが、飽きたらホールで同じ境遇の人たちと話せることで、勉強への苦痛が緩和され、ストレスも少なく抑えられられたように思います。息抜きが効率的になるので、勉強時間も非常に伸びました。
ぜひ有意義に過ごして、素晴らしい結果を残せるよう頑張ってください。




神代 凌 さん

札幌北24条校
札幌北高校→北海道大学 文学部

僕が北大文学部に後期受験で合格できたのは、東進の手厚いセンター対策のおかげです。高速基礎マスターでは、効率よくセンターで問われる英単語を覚えることができ、2ヶ月に1度実施されるセンター本番レベル模試では定期的に自分の位置を確かめることができました。二次試験の勉強を優先しすぎてセンターを疎かにしていたら、僕はきっと後期合格できていませんでした。センター試験を軽んじて、二次試験の勉強ばかりにならないよう、皆さんも気を付けて下さいね。




森脇 大喬 さん

札幌南高前校
札幌東高校→北海道大学 水産学部

高校入学時から東進に3年間通い続けて良かったことは、「勉強する習慣」を自然と生活の一部にできたことです。自宅だとついつい自分に隙を作ってしまいがちでしたが、沢山の仲間と切磋琢磨しながら東進で勉強することはモチベーション維持につながりました。また、2か月に一度行われるセンター試験本番レベル模試を高1から受けられたことで、模試の感覚慣れや基礎・基本の大切さを知ることもできました。3年間通い続けられたのは、多くの仲間と手厚くサポートいただいた校舎スタッフの方のおかげです。




門脇 郁央 さん

札幌北24条校
札幌北高校→北海道大学 法学部

高校入学当初は、サッカー部に所属しながら勉強を両立できるのかどうか不安でした。しかし、東進に通っていたことで、部活後に塾に寄って毎日必ず勉強するという習慣が確立され、自然と勉強時間を確保できるようになっていきました。また、週に1度実施されるグループ面談では、日々の学習計画等を共有するなどして競い合うことで最後までモチベーションを高く保つことができました。苦楽を共にしたグループメンバーたちとは、友人というよりは『同志』という言葉がピッタリきます。それぐらい大切な仲間たちとの出会いがあった東進が私は大好きです。




中川 真 さん

札幌南高前校
札幌南高校→北海道大学 総合理系

東進の講座にある「ハイレベル化学」と「ハイレベル物理」の初めに大学範囲の内容が出てくるのを見たときは「なぜ入試対策の講座の筈なのに入試の範囲外のことを勉強しなければならないんだ」と思いましたが、「高校範囲では暗記するしかないが、大学範囲まで勉強すれば説明できる」ようなものを多く知るにつれ、自分が今までしていたことは勉強ではなく単なる暗記だということに気づきました。知識と知識を体系として繋げていかなければ、センターは対応できても2次には対応できません。単に机に向かうのではなく勉強そのものを考えることもまた合格への大きな一歩なのかもしれません。




森 梨香子 さん

札幌南高前校
札幌南高校→北海道大学 経済学部

高3になって、CMでよく見たり、友人が良いと言っていた東進に行ってみよう!と思い通うことに決めました。いざ通ってみると友達も先生も本当に心優しくて、勉強のやる気がとても出ました。東進の同じような目標をもった友達のおかげで、成績が伸びず苦しかった時期もモチベーションを保って頑張り続けることができました。担任助手の方々も質問に直ぐに答えてくれて頼もしかったです。たくさんの人々に支えてもらいましたが、合格という同じ目標に向かって全力で頑張ることのできた東進の友人、先生方には本当に感謝しています。




牛田 拓真 さん

札幌南高前校
札幌南高校→北海道大学 総合理系

東進の一番の強みは自分がやりたい時間にやりたいことを集中してできるところだと感じています。東進は授業が自宅でもできて、時間帯は朝でも夜でもできるということが魅力的でした。更に英語の学力の伸ばし方が分からなかったので、英語だけを受講し、他は自習できるという東進は、自分には非常に適した形態の塾でした。自分の状況とやりたいことを考えた上で東進を選択したことで、集中して効率的に勉強をすることができました。加えて、東進の高速、講座の質は非常に高く、分かりやすく、学力が伸びる学習であったと感じ、その結果として合格に繫がったのだと思います。




小原 未楠 さん

札幌南高前校
札幌南高校→北海道大学 医学部

東進のチラシを見て、過去問演習講座の二次添削を受け始めました。どこまでが正解で、何が自分の答案には足りないかを丁寧に添削していただき、次第に書けるようになっていきました。また解説授業もとても分かりやすく一番苦手だった英作文は得点源にできるまでになりました。時間を気にすることなく、聞き逃してしまっても聞き直すことができる東進のシステムは自分のペースで進めたかった私には合っていたのだと思います。




椿野 光穂 さん

上野幌校
札幌東高校→北海道大学 文学部

私にとって、東進模試やセンター過去問演習など、自分自身の不足部分をはっきりとさせる機会の多い東進は非常に良い環境でした。そうした環境の中で、自分自身でも気づかなかった欠点や弱点をみつけ、1つ1つ身につけて実力をつけていくことができた、ということがモチベーション向上につながっていました。また、模試の結果や学習状況をうけ、私が補うべき部分について真摯にアドバイスをしてくださった東進の先生方の存在も、モチベーションの向上に大きく繋がっていました。本当に感謝しています。これから受験に臨む皆さんも、一歩一歩の成長を大切にして頑張ってください。




大平 泰広 さん

札幌真駒内校
札幌第一高校→北海道大学 総合理系

私が合格を勝ち取るにあたり、大事だと感じたことは、目標を見定めて、やるべきことを明確にすることです。まず私はセンター試験過去問演習講座を使い、夏までに北大受験に見合うよう、英語・数学・国語を上げていきました。そうした結果、9月から二次試験対策を開始できました。私は北大の2次過去問演習を行い、11月までに5年分解きました。この過去問演習は添削と解説授業があるので、自分のミスを見直すことができました。このようにセンター&2次試験の早めの対策のおかげで、合格を勝ち取れたと思っています。




泉 堂太郎 さん

札幌真駒内校
札幌北高校→北海道大学 法学部

部活をやっている高校生の場合、本格的に受験の対策に入っていけるのはやはり6月以降になってきてしまうと思います。でもその6カ月間どのようにテンションを保つかが重要だと感じました。
東進のシステムを使った勉強でおすすめなのは、高速と過去問演習です。高速は考えず、スパスパ解けるまで時間を惜しまずに何回もやることが重要です。そうでないと受験では使えません。あと夏以降は主に過去問メインの勉強をしてきました。何回も解き直しを行い、自信をつけていくことが大事かなと思います。




鈴木 綾菜 さん

札幌真駒内校
札幌旭丘高校→北海道大学 総合理系

私はサッカー部のマネージャーをやっていたので東進に通い始めたのは3年生の春からです。部活引退までの期間は部活が終わってから東進に行き勉強する日々でした。
私は英語が苦手だったので、センターまではひたすら基礎を固めました。センター過去問演習の大問別を毎日解いて、分からなかったところを復習し、まとめたノートを作りました。センターと並行して2次の勉強もしておくことはすごく大事だと思います。センターが終わってから2次までは時間があるようでないので早めに着手することが大事です。計画的に頑張りましょう。




久保 珠美 さん

札幌真駒内校
札幌東高校→北海道大学 医学部

3年秋になり毎月あった模試が毎週になり、センターの模試が2次の模試になる。今までセンター一色だった頭に2次というモンスターが現れて不安に泣きそうになる。12月はセンターの対策でいっぱいになるので11月は2次の対策のために空けておくこと。ここで2次の勉強をしておくと後々差が出る。1月は今までの復習のみ。終わったら1カ月近く死ぬほど2次の勉強。実際センターで燃え尽きてやる気が出ない人もたくさん出現するけど惑わされないこと。センター前から2次の勉強している人は山ほどいるのでしてないと焦るよ! 絶対しておこう、少しでいいから!




赤坂 実花子 さん

森林公園駅前校
札幌南高校→北海道大学 医学部

私は中学生の時に練成会にお世話になり、そのまま東進に入学しました。高校に入学する前から数学や英語の先取り演習をできたおかげで、1年生の授業は1度も躓くことなく受けることができました。また、担任や担任助手の先生方が丁寧でやる気がアップするような進路指導をしてくださったことで、勉強への集中が途切れることはなかったです。
本番、会場でいくら緊張していようと、今まで自分がやってきたことに自信を持ち、「これだけやったんだから落ちるわけない」と思えれば、実力をすべて発揮できるはずです。頑張ってください。




松吉 和樹 さん

札幌真駒内校
札幌南高校→北海道大学 水産学部

僕は3年生になる直前に東進に入りました。僕はサッカーしかしておらず、2年間はテスト勉強しかしておらず、学力は低下する一方でした。これではさすがにヤバイと思い、ようやく東進に入った訳です。
そこで自分がどんなに勉強してこなかったか思い知らされました。そこで改心し計画的に勉強しようと決意しました。自分は1年間必死に頑張った結果なんとかなりました。皆さんは、もっと早くその事に気づいて頑張ればきっと大丈夫です。ファイト!




坪井 萌果 さん

森林公園駅前校
札幌東高校→北海道大学 医学部

私は中1の3学期から練成会に通い、そのまま東進に入学しました。中学生のときに体験で東進に来て雰囲気が良いと思い決めました。結果として、東進に入ってよかったと本当に思います。
東進の教材で私が特に良かったと思うのは、高速基礎マスターとセンター過去問演習講座です。通学の電車などでスマホがあれば高速基礎マスターができ、単語帳を使うより楽だし、できなかった問題を確実につぶせます。センター過去問演習講座は映像をみてしっかり復習できる点がとてもよかったです。充実した復習ができたおかげでセンター試験では良い得点が取れたと思います。




石橋 幸哉 さん

森林公園駅前校
札幌開成高校→北海道大学 水産学部

僕は小学生の時から練成会グループにいて、エスカレーター式でここまできました。だからアットホームな感じで勉強ができました。
東進で一番良いのは、センター過去問演習講座だと自分は思います。1,2年のときに物理化学の基礎固めを全くしていませんでしたが、センター過去問演習講座でたくさん場数をふめ、色々なタイプの問題に触れられたことで、得点源に変えることができました。また他の教科も大問別演習で苦手なところを重点的にできるのがいいと思います。
自分だけで勉強していくのは辛いので、学校の友人等と競い合いながら協力しながら頑張ってください。




西峰 宙希 さん

新札幌校
北広島高校→北海道大学 水産学部

私は前期に北海道大学総合理系を受験しましたが、不合格という結果に終わってしまいました。
しかし合格発表の日から後期の試験までの間、気持ちを切らすことなく勉強を続けられたのは東進の自習環境がよく担任の方々の励ましのおかげだと思います。自習室は席が区切られており、自習に集中することができ、周りで勉強している人たちも皆本気で勉強しており、自分も本気で勉強に取り組むことができてすばらしい環境だと思います。また担任や担任助手の方々はやさしく進路や勉強方法での悩みを気軽に相談でき、一年を通して勉強に集中することができました。
また東進の高速学習のおかげで自分のペースでどんどん授業を進めることができることも東進の良いところだと思います。




二川 紘也 さん

新札幌校
札幌東高校→北海道大学 医学部

東進には比較的遅い時期に入学し、グループ面談などで他の人の話をきいて残りの授業数の差に焦りを感じ、毎日学校が終わると東進で授業を受けるというくり返しでした。
センター試験の結果は散々で、目標としていた8割どころか7割にも届かず、学校の先生や東進との面談で学部を変えることになりました。二次試験本番もセンター試験本番も特に緊張することはなく、まわりに友達がいたので楽しんで受験することができました。大学受験するにあたって、まわりのたくさんの人に応援され、励まされたことで本当に頑張ることができました。




本間 優希 さん

新札幌校
札幌東高校→北海道大学 法学部

前期は北大の経済学部に出願しました。前期の試験当日、もともと得意としていない数学の難しさを前に撃沈。不合格を確信しました。東進の「高速」や「大問別演習」に加え、部活に忙しい時期にも授業を受講できたおかげで、センターは8割ほどでした。このセンターの点数なら後期で合格する可能性はありましたので、前期が終わってすぐに行動しました。
諦めそうな時も、必死にサポートしてくれた親、学校の先生、東進の先生に対する「これで落ちたら申し訳ない」という気持ちで自分を鼓舞しました。諦めないで努力し続けたという事実は絶対に自分を成長させます。みなさんの成功を心から願っています。




鈴木 香菜 さん

札幌麻生校
札幌南高校→北海道大学 法学部

私は部活動が忙しく高3の春まで全く勉強しておらず、模試の判定もD判定でした。もう手遅れだと言われるかと思いましたが、担任の先生にこの先の伸び次第でなんとかなると言われ元気が出ました。実際に数学と英語の講座をしっかりと受講すると、次の模試でいきなり結果がB判定まで上がり、そこからは大変順調でセンター模試でも記述模試でもA、B判定しか出なくなりました。不思議でしたが、間違いなく東進に通い始めたおかげで合格できました。ありがとうございました!!




高田 かれん さん

札幌麻生校
札幌光星高校→北海道大学 医学部保健学科

受講してわからなかったところは必ず校舎にいる担任助手の先生方に質問していました。また、受験に向かう姿勢や大学について教えてもらうことで、モチベーションを保つことができました。 模試の結果で落ち込んだときにも面談によって改善策を練ったり、励ましてもらうことで頑張り続けることができました。先生方の支えがなければ、私はここまで頑張ることはできなかったと思うし、合格もできなかったと思います。 ありがとうございました。




井上 稜太 さん

上野幌校
札幌光星高校→北海道大学 経済学部

3年生の夏の時点で現代文の得点能力が圧倒的に足りなかったので、林修先生の講座を受講することに決めました。その結果、冬には現代文の成績が著しく上昇していました。林修先生の授業を受けて本当によかったと思っています。また、過去問演習講座も非常に有用でした。特に、その解説授業は質が高く、自分の得点力の大きな支えとなりました。




堺 穂香 さん

上野幌校
札幌南高校→北海道大学 水産学部

東進では自習室で勉強をする他の友人の姿に元気づけられたおかげで、センター試験前には1日11時間ほど勉強することができました。更に、センター試験の過去問演習講座を何度も解くことによって、自信をつけることができました。非常に環境に恵まれていたと思います。




堺 颯人 さん

上野幌校
札幌南高校→北海道大学 総合理系

3年生になってからは大吉先生の数Ⅲ応用や鎌田先生のハイレベル化学で二次試験の得点力を固め、センター過去問演習講座では過去7年間の全ての問題で8割を取れるまで何回も復習を重ねました。おかげで本番では、センター試験は自己最高点、二次試験では今までとったことのないような高得点をとり、合格をおさめることができました。




宿南 穂乃佳 さん

札幌元町校
札幌開成高校→北海道大学 医学部保健学科

私は高校入学のときから東進に通いました。
センター模試の英語の点数がだんだん上がってきて、2年のうちに8割を得点できるようになりました。早く英語を伸ばせたおかげで、3年になって他の教科に時間をかけたり、二次対策を早めに始めたりすることができました。今考えると、1年生のときから英語を頑張っていて本当によかったと思います。




杉下 巧孟 さん

札幌麻生校
札幌南高校→北海道大学 総合理系

「苦手科目より、まず得意科目を伸ばせ」は僕が勉強を進めていくうえでとても参考になった言葉です。得意な数学と物理でかなり点数を稼げるようになったので、苦手な英語を平均より少し下まで引き上げれば模試でもA判定がとれるようになりました。
まずは平均より少し下でもよいというのが、勉強するうえで精神的な支えになりました。 このように担任助手の先生は僕の取っている授業の科目以外のことも色々なアドバイスをくれました。ありがとうございました。




落合 七彩 さん

札幌駅北口校
札幌西高校→北海道大学 総合理系

東進では、自分にあった授業の選択や勉強の仕方が可能な独自のカリキュラムがあり、これによって自分の得意不得意を考慮した最適な勉強をすることができました。その他にも、実際一年勉強して、授業の質の高さ、過去問の豊富さ、二次試験を添削してもらうことの大切さなどを感じることができました。
最後に授業や志望校の選択などで先生方、気分転換のおしゃべりに付き合ってくれたチューターの方々、本当にありがとうございました。




得地 悠希 さん

札幌駅北口校
札幌南高校→東北大学 工学部

東進では担任や担任助手の先生方が受験勉強を手厚くサポートしてくれます。
コツコツ勉強するのが苦手な私に、担任や担任助手の先生方は根気よく声をかけてくださり、励ましてくれました。登下校時の会話や定期的に行われる面談で先生方は私の負けず嫌いに火をつけ、毎回「勉強しよう!」という気持ちにさせてくれました。
さらに自宅受講のシステムを上手く活用し、部活と受験勉強を両立することができました。部活も第一志望校も諦めたくない人にとって東進は最高の環境だと思います。




渡辺 恭也 さん

札幌駅北口校
札幌南高校→北海道大学 総合理系

東進の映像授業は時間的な自由度が高く、忙しい時期でも夜に見ることができ、有効活用することができました。また、質問に対してもチューターの方が親身になって答えてくださり理解を深めることができました。
これから受験するみなさんは不安だと思いますが東進で友人やチューターの方々と一緒なら大丈夫です。頑張ってください。




中駄 勇太 さん

札幌駅北口校
札幌南高校→北海道大学 医学部

大学入試対策において、東進を利用したことは非常に有益だった。自分に合った講座を選択して受講することで、確実に実力を伸ばすことが出来ると思う。また、同じく東進に通う仲間たちと、互いにに競り合い、励まし合いながら勉強することで、モチベーションを保つのと同時に、適度にリラックスすることができた。みなさんも是非、東進を有効活用し、合格の栄冠を勝ち取って欲しい。




村下 太一 さん

札幌駅北口校
北嶺高校→北海道大学 医学部

林先生に教えてもらった「分析的な考え方」のおかげで、それまで何をやっても上がらなかった国語の成績がみるみるうちに向上し、自分でも驚くほどでした。
また苑田先生は受験用の物理でなく「物理」というものを妥協なく教えてくださり、それを理解するにつれて物理が大好きになりました。特に高いレベルを目指す皆さんへ伝えたいのは、東進の講師陣を信頼してほしいということです。僕は国語と物理で実感しましたが、他の教科でも同じだと思います。




松長 慎 さん

札幌駅北口校
札幌南高校→北海道大学 水産学部

東進では一人一人に合った指導と授業が受けられます。また、東進では先取り学習もあるので、早い段階で効率的に学習することが出来ます。
センター試験本番レベル模試では成績表に詳細な内容まで書かれていて復習すべき分野が一回でわかり便利でした。




前田 蒼生 さん

札幌駅北口校
札幌旭丘高校→北海道大学 医学部

私は野球部に所属し引退するまでは平日の勉強時間はほぼゼロ、土日も学校の宿題以外はやっていませんでした。そんな私が東進に入会したのは高3の夏休みからでしたが、時間的自由度がとても高い授業システムのおかげで、自分にとって必要な教科の授業を自分のペースで進められたことが、短時間で点数を伸ばすことができた要因だと思います。




三浦 桃佳 さん

札幌駅北口校
札幌西高校→北海道大学 文学部

私は特にセンター過去問と二次の添削のおかげで点数が上がったと思います。
センターの過去問は、ひとつひとつに解説授業が付いており、解答だけでなくそこに至る過程やそれに関する知識なども知ることができて、とても良かったです。二次の添削は自分では点数がつけにくい国語の長文や英作文などの正確な点数を知ることができ、その後の解答に役立てることができました。




岩田 知子 さん

札幌駅北口校
札幌北高校→北海道大学 経済学部

東進に入学してからは自分に合ったレベルで良い問題を演習することが出来たので、自分一人で試行錯誤するより効率よく苦手を解消できました。特にセンター講座は役に立ち、また二次添削講座のおかげで効率的に勉強を進めることができました。
良い環境、教材を提供していただき、サポートしてくださった東進の皆さん、本当にありがとうございました。




伊藤 亮祐 さん

札幌北24条校
札幌北高校→慶應義塾大学 法学部

高2の中ごろまでは北海道大学を志望していましたが、人や情報が集まる東京への憧れが強くなり、勇気をもって慶應を第一志望校に設定しました。高1~2の間、特に慶應対策をしていたわけではないので不安もありましたが、勉強時間を少しも無駄にできないという意識がはたらき必死に勉強することができたと思います。
受験で大切なのは高1・高2・高3の夏休みと冬休み・そして受験直前の1ヶ月間です。この時期に正しい方向へ努力をすることができれば、北海道からでも最難関大学への合格はきっとできると思います。




方波見 瑠璃子 さん

札幌駅北口校
札幌第一高校→慶応義塾大学 文学部

東進の最大の魅力は授業のレベルの高さにあります。東進では映像授業なので、地方に住んでいる私でも、テレビに出ているような優秀な講師陣の講義をいつでも受講できました。担任、担任助手の方々や画面の中の先生のおかげで今があります。ありがとうございました。




鈴木 翔太 さん

札幌元町校
札幌北陵高校→早稲田大学 教育学部

私が受験勉強を始めたのは高2の秋で、それまでの模試でも成績は偏差値40台で校内でも下のほうでした。単語の暗記は非常に辛いものに感じられるかもしれませんが、高速基礎マスターはゲーム感覚で受けられるため、楽しく取り組めました。私もそれまでは70点ぐらいだったセンター模試の英語の点数が約2倍の点数にまで上がっていました。基礎をしっかりと身につけたことで、長文もスラスラ読めるようになり、本番のセンター模試では9割も得点することができました。みなさんの健闘を祈ります。




松平 明大 さん

札幌南高前校
札幌南高校→早稲田大学 政治経済学部

私は早稲田大学の政治経済学部に指定校推薦で合格しました。
推薦を使うにしても、使わないにしても、定期考査というのは学んだことを定期的に復習できる良い機会なので、しっかり取り組むことをお勧めします。また定期考査の度に覚えたことは(特に理社)、3年生になったときのセンター演習で必ず生きてきます。ゼロの状態から覚えるのではなく、一度覚えたことを思い出すだけなので、他の人よりも早く覚えることができたのだと思います。とにかく普段から努力を積み重ねていくことが大切だと思います。頑張ってください!