齋藤 聖仁 さん

札幌駅北口校
北嶺高等学校→東京大学 理科二類

 私が東京大学に合格できたのは、林修先生のおかげだと思っています。私は理系でありながら数学・物理が苦手で、国語などで点数を稼ぐ必要がありました。林先生の授業を受ける前から、自分は現代文が得意だと思っていたのですが、先生のおかげで私は現代文の解き方が分かっていなかったのだと気が付くことが出来、正しい解法を完全に身に着けたとまでは言えませんが、合格レベルの答案が書けるようになりました。林先生の授業はレベルが非常に高く、初めは全くついていけないかもしれませんが、粘り強く受け続ければ、東大のレベルに十分対応できるようになると思います。




市川 裕也 さん

札幌西28丁目校
北嶺高等学校→東京大学 理科一類

 僕は高1の時から東進に通い始めました。私の思う東進の一番いい所は、自分で望めばどんな形でも勉強ができるという所です。行けばいつだって良質な勉強環境が用意されているし、講座だって自分のペースで遅くも早くもできます。少し極端な例ではありますが、私の友達で苑田先生の東大物理20コマを4日ほどで終わらせた猛者もいました。
 また、全国でも屈指の先生方の授業なので、質も非常に良いです。そこについては保証ができますので、授業から多くのことを吸収してください。どうしてそういう考えになるのか、どういう思考をたどったのか、そういうことをできる限り自分のものにしていってください。




本間 元 さん

札幌駅北口校
札幌南高等学校→東京工業大学 第4類

 受験生が勉強するときに注意すべきと思うのは他の生徒とのズレです。他人の様子が分からないというのは危ないです。単純に友達や校舎スタッフの方々と話すだけでもズレは修正できると思いますので、周りを見た上で自分のペースをつかんでいってください。
 僕の場合は東進の二次過去問演習講座が一役買いました。過去問だけなら赤本でもできますが、過去問演習講座での「解く→答案提出→解説授業→復習」という流れが良かったですし、答案の添削も助かりました。解説授業は本当に役に立ちました。黒板に書かれないような、赤本に載ってないような解き方、知恵を大切にしてください。




斉藤 歩夢 さん

新札幌校
立命館慶祥高等学校→東京工業大学 第1類

 大学受験は、自分の行きたい大学に行けるか行けないかで人生まで変わる可能性があるという、妙な重みや緊張感がありましたが、長い時間をかけて蓄積した知識は、短い時間で詰め込んだだけのものとは違いちょっとしたことでは失われないので、試験本番も比較的自信をもち、落ち着いて試験に臨むことができました。
 その中でも特に、数学や物理に関しては、東進の講座で先取り学習をしており、高2の2月に受験した全国模試で高い順位につけるほど、知識は定着していました。それ以降は二次試験レベルの問題演習に専念することができましたので、東進での先取り学習はとても有利だったと思います。




吉村 光太郎 さん

札幌西28丁目校
札幌西高等学校→大阪大学 工学部

 僕は高校入試が終わってすぐに東進に通い始めました。部活で帰りが遅くなっても1時間でもいいから東進に寄って勉強していました。
 東進の高速マスター基礎力養成講座は、大学受験の基礎を定着させて勉強の習慣を身につけるのに最適なもので、ゲームのような感覚で学習できます。授業は予備校界でも有名な講師によるもので、とてもわかりやすく、また自分が好きなときに受講できるので自分のペースで勉強することができます。自分に合ったレベルの講師の授業を選択できるのも東進の授業の魅力の1つだと思います。東進では比較的自由に学習が進められるため、自ら勉強しようとする主体性も身につくと思います。




山本 悠太 さん

札幌駅北口校
札幌南高等学校→大阪大学 工学部

 僕が東進に通い始めたのは高1の春です。部活が忙しい中、自分のペースで学習できる環境に魅力を感じ、入学を決めました。
 勉強と部活の両立は大変でしたが、数学の予習だけは欠かしませんでした。特に進学校の場合、学校の授業の進度についていけなくなりがちですが、東進で数学を先取りしておくことで学校を「理解の確認の場」とすることが出来ます。部活を引退するまでは上記のようにして最低限の思考力の土台を作り、引退してからはセンター試験の過去問演習講座で場数を踏むと良いと思います。また、二次試験の過去問演習講座で記述の練習をしておけば、二次試験も問題なく対処できます。 




小室 諒介 さん

札幌駅北口校
札幌南高等学校→東北大学 工学部

 僕は中学卒業後、すぐに東進に入学して大学受験に向けて勉強をスタートさせました。
 東進では色々な授業を受けることができます。東進の看板ともいえる高速マスター基礎力養成講座では、英単語・英熟語の習得はもちろん、数学計算演習もやっておくと自分の気付かなかった穴を埋めて、知識の完成度を高めることができます。映像授業は何度も何度も見ることができるので、素晴らしかったです。テキストも使い勝手が良いので、頭にスルスル入ってきます。過去問演習講座では苦手と思われる単元ごとにじっくり克服できましたし、演習を重ねることで点数が上がっていきました。




鎌田 崚暉 さん

札幌清田真栄校
札幌第一高等学校→東北大学 工学部

 私が合格できた要因の1つ目は東進の先取り学習です。高校数学を高2のうちに修了することができたので、高3になってからは他科目の学習に十分な時間を費やせました。
 2つ目は高速マスター基礎力養成講座の存在です。得意ではなかった英語で伸び悩んでいた時に英単語と英熟語を短期間で学習した結果、その次の模試で点数が30点以上も上がりましたし、苦手意識がなくなりました。高速マスター基礎力養成講座は本当にオススメしたいです。
 最後に、東進の担任の先生が私を信じて背中を押してくれたおかげで東北大学に合格できたと言っても過言ではないです。皆さんも最後まで諦めずに東進で頑張ってください。




長谷川 将大 さん

札幌南20条校
札幌南高等学校→東北大学 工学部

 僕は高校に入学して初めての実力テストの後に東進に入会しました。点数が悪く、塾を探すことにして選んだのが東進でした。校舎長の先生がとても親切で、進路の相談に塾目線ではなく僕目線で答えていただき、ここなら3年間安心して勉強できそうだと感じ、南20条校を選びました。担任や担任助手の方も皆優しくて過ごしやすい空間だったと思います。
 時期によって忙しさが変化するので自分の都合に合わせて受講できるのがとても良かったです。一人でただ勉強するのではなく、競い合って勉強できるのはモチベーションを保つにも良かったと思います。
 東進にはとてもお世話になり、本当に感謝しています。




古川 孝士 さん

新札幌校
札幌南高等学校→東北大学 工学部

 自宅だとなかなか勉強ができなかったので、勉強する習慣をつけようと思い、東進に入りました。僕は弓道部に入っていましたが、部活の後だったとしても学校が終わったら東進に行こうと心掛けていたので、しっかりと勉強時間を確保することができました。
 東進の講座で特に良かったのは、過去問演習講座でした。僕はセンター試験対策と二次試験対策の両方を取得しました。両方とも、問題を解き終わったら解説授業を受けることができますし、二次試験対策の場合は答案の添削もしてくれるので、とても役に立ちました。
 試験本番で焦っても最後まで諦めずやりきることが重要だと思います。




中垣 弦一郎 さん

札幌西28丁目校
札幌南高等学校→名古屋大学 工学部

 僕は大学受験をする過程で東進のシステムに頼る部分が非常に大きかったと思います。野球部に所属していたので、練習が終わって家に帰ると夜10時を過ぎているのは普通でした。それ故、簡単に他の予備校には通えないと判断し、東進の自分なりに自由に通えるメリットを生かすことにしました。これによって、他の人よりも勉強時間が少ない中でも、基礎固めに取り組む時間を生み出せたと思っています。
 英語・安河内先生の講座で教わった通りに音読を続け、英語に対しての苦手意識をなくせたことや、夏休みに集中的に理科の受講に取り組めたことで、それまでの遅れを少しでも取り戻せたことが特に大きかったと思います。




中川 晃祐 さん

札幌駅北口校
札幌南高等学校→北海道大学 医学部

 受験勉強を進めるにあたり、最初に着手したのは「思考法の基礎」を整備して固める作業でした。数式や物理現象等々の本質を理解することで、どのような問題にでも臆することなく対応できるようになりました。これが近道だと気付けたのは、徹底的に原理から積み上げていく東進講師陣の授業のおかげでした。
 この他にも大きな効果が実感できたのは、スタッフからの懇切丁寧な学習指導でした。個々人の学習状況や到達度を細かく分析した上での適切なアドバイスは有益なものでした。
 これら極めて質の高い「授業内容」と「学習指導」にしっかりとサポートされ、合格を勝ち取ることができたと実感しています。




吉澤 侑真 さん

札幌駅北口校
札幌南高等学校→北海道大学 医学部

 僕が東進に入学したのは高1の4月でした。東進の魅力的なところは、時間の自由度が高く、先取り学習ができるところです。 英語・数学については高2の時点で高校全範囲を終わらせて、受験に向けた勉強に専念することができました。部活を引退した後は、センター演習講座を利用して基礎力をつける一方、理科や社会の勉強を続けることができました。センター後は北大の二次過去問演習講座を取り、二次試験へ向けての実戦力を身につけることができました。これはすべて東進だからできることです。
 みなさんも東進のシステムを最大限に利用して、合格を勝ち取ってください。健闘を祈ります。




小澤 史弥 さん

札幌駅北口校
北嶺高等学校→北海道大学 医学部

 私が受講した東進の講座の中で、苑田先生のハイレベル物理が理系科目を強化するにあたって最も役に立ちました。特に電磁気学分野の講座が良かったと思っています。公式を暗記する分野になりがちであるにも関わらず、非常に理論的に説明してくれるため、難しい問題にも対応していけると思います。また、林先生の記述論述トレーニングが国語力の養成に役立ちました。
 私は担任助手の方々と話すことで勉強のモチベーションを維持することが出来たのだと思っています。僕は最初なかなか話せなかったのですが、話してみるとたくさんの情報とやる気をくれることは間違いないです。




松下 廉 さん

札幌南高前校
札幌南高等学校→北海道大学 医学部

 僕は高1の4月から東進に通い始めました。すぐに東進の講座の一つである「高速マスター基礎力養成講座」で主要科目の基礎固めを行いました。英単語や英熟語などの語彙力を高1の間に身につけることができ、それによって高3時に二次試験対策に集中できたのは大きかったです。
 それでも二次試験本番では緊張からか得意な数学の試験で思うようにいかず焦りました。苑田先生の「ハイレベル物理」を中心に理科を十分に演習したことを思い出し、最後まで諦めずに取り組んだ結果、北大医学部に合格できました。
 入試本番でも練習どおりにいくとは限りませんが、後輩の皆さんも早期から準備をして頑張ってほしいです。




奥村 脩一郎 さん

札幌駅北口校
札幌東高等学校→北海道大学 医学部

 僕が良いと思う東進のコンテンツは高速マスター基礎力養成講座と過去問演習講座です。
 高速マスター基礎力養成講座では英単語を合間時間に手軽に何度も学べ、一定周期での復習にも役立ちました。また、過去問演習講座のセンター試験対策用は大問別に分かれていて、苦手な分野の克服に繋がりますし、制限時間も調整できるので、時間勝負のセンター対策としてこれ以上のものはないでしょう。二次試験対策用では答案添削をしてもらえるので、自分の解答の過不足を知ることが出来、記述力の向上にとても役立ちます。
 校舎スタッフの方々と気軽にお話し出来たことも大きな支えとなりました。本当にありがとうございました。




佐々木 愛 さん

札幌麻生校
札幌東高等学校→北海道大学 医学部

私は高3の夏まで吹奏楽部でした。部活の練習量が多く学力が伸びず高3の夏までE判定しかありませんでした。こんな私が合格できたのは、東進の授業そして周囲の人たちのおかげです。東進の授業は、とてもわかりやすく映像を巻き戻してもう一度再生することもできるため、授業を十分に理解することができます。授業を通じて苦手の化学を克服し、英語を得意科目にすることができました。
ブースで朝から晩まで勉強する子を見て刺激を受けながら頑張り続けることができました。担任・担任助手の先生には、辛いときに励まして頂き、とてもお世話になりました。




知野 奈々 さん

札幌麻生校
札幌光星高等学校→北海道大学 医学部

 高1の春、東進に入学して最初に受けた数学の授業で、それまで苦手意識のあった数学を初めて面白いと思いました。勉強のモチベーションを上げてくれる質の高い授業が展開されています。このおかげで、3年間東進に通い続けることができたと思います。
 自分のペースで効率よく勉強できる環境がとても役に立ちました。2か月毎に行われているセンター試験本番レベル模試で自分の得意・不得意を把握し勉強の計画を立て実行する、この繰り返しが最終的な点数大幅アップに繋がっていました。家で不安になって勉強に集中できなくても、東進に行けば周りに感化されながら集中して勉強することができました。




田所 柊人 さん

札幌駅北口校
札幌西高等学校→北海道大学 総合入試理系

 僕はとにかくセンター試験が苦手で、最終マーク模試で得点6割という危機的な状態でした。その時に非常に役立ったのがセンター試験過去問演習講座でした。どう勉強すれば得点が上がるのか、何がパターンとして出題されるのかなどの研究が行えるので、効率的に最短で点を取れる勉強ができました。
 また、今井先生の講座と高速マスター基礎力養成講座の同時進行もかなりおすすめです。英語は単語・文法・構文全てがある程度頭に入っていないと全くできないので、まずはとにかく基礎を頭に入れるのが非常に効果的でした。今井先生は熱く、それでいて丁寧で面白いのでどんどん先に進めると思います。




岡 慶太郎 さん

札幌駅北口校
札幌西高等学校→北海道大学 総合入試理系

 僕は自分で講座を選択し、自分のペースで取り組めるという点に魅力を感じたため、東進に入学しました。東進では基本的に自己管理が必要ですが、困ったときにはいつでも先生方に相談できますし、模試の結果から自分の弱点を見つけることが出来ます。自分で計画して勉強する力を身に付けることが出来ました。
 センターと二次の過去問演習講座は非常に役立ちました。大問ごとに解説授業をうけられるので効率よく復習ができ、二次の添削で苦手な記述の力を養うことが出来ました。
 これから東進で受験勉強するみなさんも東進のコンテンツ、そして先生方を信じて頑張ってください。




畠山 優希 さん

札幌琴似校
札幌南高等学校→北海道大学 総合入試理系

 受験勉強をしていく中で、量を重視するか質を重視するかを考え、多くの科目で量を重視するという結論に至り、そういった勉強をしました。特にセンター試験の問題では多くの演習をし、センター試験過去問講座・大問別演習を合わせて500以上やりました。このうち多くを苦手だった国語が占めています。そのおかげでセンターでは国語85%、英語筆記は90%を超えました。また二次試験の英語は安定して点数が取れました。振り返ってみると渡辺先生の「北大対策英語」はとてもためになりました。
 東進の授業は自分のペースで進めることができたので短期間で一気に受講を進められたのが効果的でした。




曽我 悠太 さん

札幌森林公園駅前校
札幌北高等学校→北海道大学 総合入試理系

 僕は中学生のときに「札幌北高に入学して、普通に過ごせば北大は簡単に行ける」と勝手に思っていました。高校入学してからも勉強への意識は相当低く、模試・定期考査の学年順位はいつも下位でした。高2の冬から東進に入学しましたが、周りの東進生は勉強や大学受験に対する意識が高い人ばかりで、「勉強のことを真剣に考えなければならない」状況にしてくれました。
 また、英語・今井先生の授業にとてもお世話になりました。入試英語で大切なことを教えてくれるC組、長文読解問題の徹底解説によってスピーディで正確な解き方を身につけることができるB組と受講しましたが、とにかく面白く、やる気を奮い立たせてくれる講義でした。




竹田 宇秀 さん

札幌琴似校
札幌西高等学校→北海道大学 総合入試理系

 僕は高校2年生の4月に東進に入学しました。まずは、高速マスター基礎力養成講座や高等学校対応数学の受講をして、受験に必要になる知識の基礎固めを行いました。その後、受験対策となる数学・英語の勉強を本格的にスタートさせました。東進だと担任や担任助手の方との面談もありますし質問対応を受けられるので、主に東進で勉強していました。また、センター試験本番レベル模試や記述模試が毎月のように開催されるので、積極的に受験するよう心掛けていました。




井馬 遼人 さん

札幌森林公園駅前校
札幌東高等学校→北海道大学 総合入試理系

 僕は高校に入ると同時に東進に入学しました。東進の授業はどれも質が高く、わかりやすいのに加え、「自宅受講」という素晴らしいシステムがあるので、部活で遅くなって校舎に行けなくても自宅で勉強時間を維持することができ、とても心強かったです。
 また、高3の本格的な受験勉強期に入ってからは「過去問演習講座」に取り組みました。東進模試も含めて多くの過去問を解くことができますし、解説授業も受講できるのでとても助かりました。
 これらに加え、北大生の担任助手の先生方に様々なアドバイスを頂けたのも合格の要因だったと思います。東進に入学して本当に良かったです。




近 凌太郎 さん

札幌南20条校
札幌南高等学校→北海道大学 総合入試理系

 自分は高1の夏から東進に入り、数学と英語の受講をしていました。数学では基礎固め用、英語では応用力強化用の講座を受講するとともに、高速マスター基礎力養成講座で計算力・基礎単語力・文法力などをつけることができたので、とても良かったと思います。また、辛いときには担任・担任助手の先生に相談に乗って頂き、苦しいときも乗り越えることができました。
 自分が合格できたのも勉強に集中できる環境を整えている東進のおかげだと思っています。部活等をしている間にも受講や高速マスター基礎力養成講座をやり、高3のときにしっかり勉強すれば合格できると思います。




酒井 達也 さん

札幌南高前校
札幌南高等学校→北海道大学 総合入試理系

 僕は高校1年生・高校2年生のときは本当に勉強をしてこなかったので、高校3年生の夏休みの段階では北大に挑戦することはかなり厳しい状態でした。それでも北大逆転合格を引き寄せられたのは、東進の環境があったからこそだと思います。その中でも、センター試験過去問演習講座による過去10年分にも及ぶ問題を演習できたことと大学受験に向かって互いを支え合う仲間の存在が大きかったです。
 東進の先生方には本当にいい環境を与えていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。




鈴木 碧衣 さん

札幌北24条校
札幌北高等学校→北海道大学 総合入試理系

 私は高3の春に東進へ入塾しましたが、そこで目にしたのは驚きの光景でした。なんと同じテニス部の後輩が私よりも必死に勉強していたのです。自分の勉強量が後輩以下なのを目の当たりにしてからは心を入れ替えて勉強に打ち込むようになりました。
 私から皆さんに伝えたいことはただ一つ。『自分よりもはるかに勉強している生徒はヤマほどいる』ということです。東進に入るまで自分が後輩以下の勉強量だったことに全く気付いていませんでしたが、東進に通って札幌北高の生徒だけでなく、札幌南・西・東高の生徒達と切磋琢磨しながら自分の立ち位置を知れたことが、大学受験成功の要因だと思っています。




木村 祐哉 さん

札幌手稲駅校
札幌南高等学校→北海道大学 総合入試理系

 高校入試は暗記すれば良いというイメージがありましたが、大学入試はそうではありませんでした。暗記も必要ですが、それ以上に一つ一つの科目に対して理解できているかが重要だと受験勉強を通じて感じました。
 その力を身につけるのに東進の授業は最適でした。特に『同じ授業を何度も受けることができる』というのが効果的でした。苦手な箇所があっても、その箇所を扱っている授業を何度も見て理解することで、苦手から得意へと変えることができます。
 そして東進模試では、詳細データが載っている成績表のおかげで、取り組むべき単元や苦手分野を自覚することができました。




後藤 仁彦 さん

新札幌校
札幌東高等学校→北海道大学 総合入試理系

 僕は大学受験に向けて、英語を早期に固めてその英語力を維持しながら、他の教科で苦手を作らないように学習することを心掛けました。
 英語の学習で最も大切なのは、音読だと思います。東進の英語講座では例文や長文の音声ファイルをダウンロードできるので、それを用いて音読すると良いと思います。長文対策の講座では、今井先生の総合編ⅣやB組がおすすめです。「この文章からなら、何を聞かれても答えられる」という長文が増えれば増えるほど、英語力は着々とついていきます。僕は英語を早期に固めることができたからこそ、結果的に合格をつかみ取れたと思っています。




深井 柚衣 さん

新札幌校
立命館慶祥高等学校→北海道大学 経済学部

 高1の夏に東進に入ったことが大きな転機になったと思います。東進に入って受けた講座の中で良かったのは、今井先生の英語の講座です。今井先生が教えてくれる通りに音読をすると、一気に英語の点数が伸びました。そして、過去問演習講座では過去問を解き終わった後に解説授業を受講できるのはとても良かったです。また、定期的にセンター試験本番レベル模試や旧帝大本番レベル記述模試があるので、自分のレベルを確認でき、時間配分や問題形式にも慣れることができました。
 校舎の先生方の応援や支えがあって、受験勉強を乗り越えることができたと思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。




蛯名 駿 さん

札幌元町校
札幌北高等学校→北海道大学 経済学部

 僕は苦手な英語をなんとかするために高校3年生の4月から東進に通いました。
 まずは高速マスター基礎力養成講座で英単語・英熟語といった英語の基礎を固めつつ、講座受講で苦手意識を克服していきました。東進は映像授業なので、ライブの授業とは異なり、時間的自由度が高く、自分のペースでどんどん受講できますし、とても有益でした。
 僕はセンター試験の前に入院するなど苦しい時期もありましたが、周囲の人のおかげで第一志望校に合格できました。みなさんも最後までどんなことがあっても周囲の人の支えを借りながら、最後まで頑張ってください。その先にいい結果が待っています。




笹田 有里乃 さん

新札幌校
札幌日本大学高等学校→北海道大学 経済学部

 私は高3の12月模試で第一志望校の判定はE判定でした。センター試験が終わってからのセンターリサーチでもE判定でした。そんな私が志望校に合格できたのは、東進の校舎をフル活用したからだと思います。校舎が開いている時間は、入り浸って勉強していました。
 また、東進にはセンター試験対策の過去問演習講座があり、過去10年分の問題を徹底的に勉強することができます。模試や予想問題も大切ですが、本試験の問題傾向に慣れるほうがいいと思います。
 学校の休み時間などの空き時間をうまく利用して勉強することも、私のように他の受験生と大きく差がある人には効果があると思います。




西澤 文哉 さん

札幌南高前校
札幌南高等学校→札幌医科大学 医学部

 高1~2のときは定期考査を頑張り、最低限の学力をキープしようと努力しました。しかし、その定期考査に向けた頑張りによって自然と学力も上がり、高3の4月には志望校に対して余裕のある学力を持つことができました。
 合格できた要因として「受験勉強のスタート時期」というのも挙げられると思います。高3になる前の段階で高1~2の復習をほとんど終わらせることができたのが良かったです。
 高3に入ってからは学校や東進で友人たちと話して、分からないところを補うことで学力を上げることが出来たと思います。また、東進模試を通して自分の現段階の学力を確認しながら苦手を補填できたことも良かったです。




竹村 壮太郎 さん

新札幌校
北嶺高等学校→札幌医科大学 医学部

 受験勉強をしていた中で自分に課していたルールがありました。それは、「なるべく長い時間、東進で勉強をする」というものです。私は生徒会と美術部に所属していたのですが、そこでの活動がどんなに忙しいときでも、夜遅くまで開校している東進に行って受講を進めました。自分で時間割を作る感覚で勉強できたのはとても便利でした。このような習慣を積み重ねて迎えた入試本番当日、”東進入学からずっとここまでやってきたという事実”がプレッシャーを振り払ってくれたのです。
 過去問演習講座、映像授業など、東進の要素を全てフル活用して合格を掴めましたし、色々な成長の糧を貰いました。ありがとうございました。




今野 海太 さん

札幌北24条校
札幌南高等学校→札幌医科大学 医学部

 高1の定期テストで学年200位以下になり、「これは本気でマズい」とようやく目が覚めて東進に入塾。まずは高速マスター基礎力養成講座で基礎の基礎である英単語を覚えるところからスタートし、続いて英文法の基礎の基礎を今井先生の講座で勉強していきました。化学の受講も背伸びをせずにスタンダードレベルの講座をやりきりました。
 僕が皆さんに本気で伝えたいのは「背伸びをしないこと」です。東進で超基礎レベルの講座からスタートしていなければ、学年200位から医学部合格を手にすることはできなかったと思います。基礎を盤石にした人が難関大合格を手にするというのを体現することができて本当に嬉しいです。




冨永 大智 さん

札幌駅北口校
札幌東高等学校→旭川医科大学 医学部

 僕は高2の夏に東進に入学しましたが、その時に受けたセンター模試で英語が2割しか得点できず、根本的なことの理解不足が明らかになりました。そこからは高速マスター基礎力養成講座・映像授業の受講をどんどん進めたため、英語の苦手意識を取り除くことができ、早い段階で実践的な学習に取り組めたと思います。
 高3のときに取得した過去問演習講座では、解説授業によって目だけでなく耳からも情報を受け取ることができたため、深い理解につながりました。また、東進に来ると周りで多くの人が集中して学習をしているので自分も頑張ろうという刺激を受けることができたのも良かったです。




宮原 健人 さん

札幌元町校
札幌開成中等教育学校→旭川医科大学 医学部

 僕の夢は医者になることで、その夢を叶える手助けをしてくれたのが東進でした。
 まずは、高速マスター基礎力養成講座で英単語・熟語の完全修得。そして、映像授業の受講をしました。特に英語の今井先生の授業は楽しみながら学力を上げていくことができました。そのおかげで英語が好きになり、自分の得意科目になりました。僕は部活に入っていたので、勉強との両立が難しかったですが、部活と勉強がそれぞれのモチベーションになり、一層頑張ることができました。
 ここまで支えてくれた東進の先生、そして家族のおかげでこの最高の結果を得ることができました。ありがとうございました。




山形 美月 さん

新札幌校
立命館慶祥高等学校→旭川医科大学 医学部

 私は高校2年生まで部活に打ち込んでおり、本格的に受験勉強をはじめたのは高校3年生になってからでした。高校2年生のセンター試験同日体験受験ではよい点数を取れず、全てが高校3年生からのスタートでした。スタートは遅かった私ですが、誰にも負けていなかったと自信を持てることが1つだけありました。それは、「絶対に合格して、夢を叶えたい」という気持ちです。その思いがあったからこそ、辛いセンター試験の勉強も乗り越えることができました。友達、家族、そして東進の先生方が応援してくれたからこそ、私も頑張れたのだと思います。本当にありがとうございました。




中川 陽登 さん

札幌麻生校
札幌西高等学校→早稲田大学 教育学部

 私は自分に合った勉強法や回答法を確立することが重要だと考えます。これは現代文の林修先生のおっしゃるところです。自分のニーズに合わせて受講できる東進の講座はそれらを形成する指針となり、礎となり、支えとなりました。
 また東進の整った学習環境も同様に助けとなりました。これから受験を迎える皆さんには1日でも早く自分に合った方法を見つけて、1日でも早く受験勉強を始めることをお勧めします。
 自分の潜在能力を信じて日々机に向かってください。少しずつ合格に近づきます。1人でも多くの方が合格を手にできるよう祈っています。




住田 利佳 さん

札幌駅北口校
札幌南高等学校→慶應義塾大学 商学部

 東進の良いところは自分の好きな時間に勉強できることだと思います。私は時間に縛られるのが苦手なので、東進のシステムは自分に合っていましたし、それが志望校合格の一因になったと思います。私が最も役に立ったと感じるのは過去問演習講座です。私と同じ志望校の人は周りにほとんどいなかったし、そこを対象とする予備校や授業が身近になかったので、東進の過去問演習講座の授業はすごくためになりました。
 正直私は模試で判定が良かった訳ではなく、何度も心が折れそうになりましたが、無事合格することが出来ました。なので、自分を信じて頑張り続けることが大切だと思います。